三題噺のお題になると難しいフォルスクラブとマルチ商法

伝統的な日本の三題噺

三題噺とは、落語の世界で古くから行われている形態です。
客席から3つのお題を出してもらい、それを元に落語家は即興で話を作り上げます。
幕末頃は盛んに行われており、今でも寄席番組などでは見かけることもあるスタイルです。
客席を満足させ爆笑を誘うには落語家の力量が問われますから、非常に難しい形態と言えるでしょう。

フォルスクラブ・マルチ商法・東京で三題噺

三題噺は落語だけではなく、様々な世界でも行われています。
例えば3つのお題を出してもらいお話を作るというのはよく行われており、文章を書く人なら試してみたくなるでしょう。大学入試の小論文でもよくあります。
そこでフォルスクラブ・マルチ商法・東京で三題噺に挑戦してみようとしても、この3つではお話を完成させることはできません。
三題噺でお話を完成させるためには、ある程度の共通点がないと難しくなります。
慣れている落語かならなんとかひねり出して三題噺にできるものの、素人の物書きでは共通点がないお題では無理です。
そもそも三題噺のお題は人の名前・品物・場所の3つでなければいけないので、人名がない時点で成り立ちません。
ですからフォルスクラブ・マルチ商法・東京で三題噺をするのは、かなりの難易度と言えます。

それぞれの共有点を探ってみる

ルールを無視して共通点を探ってみても、お題同士を繋げるのはかなり難しいです。
特にフォルスクラブとマルチ商法は、全く共通点がありません。
例えば東京ならマルチ商法をしている会社がありそうなので繋げることは可能ですが、フォルスクラブは無関係になります。
またフォルスクラブを運営している会社は、大阪に本社があります。
東京には支社があるのみで本社はないので、フォルスクラブとの関わりも薄いと言えるでしょう。
フォルスクラブとマルチ商法など、関わり合いが薄いものをお題にしてもお客をうならせる三題噺を作ることはできません。
面白い三題噺を聞きたいなら、フォルスクラブとマルチ商法などではなくもっと良いお題があるはずです。

成立させるにはお客のレベルも重要

三題噺に使われるお題にはルールがあるので、お題を出す客にも高度なレベルが要求されます。
話題になっているからといってフォルスクラブやマルチ商法をお題にするのではなく、他のお客をうならせるお題を出すことも重要です。
つまり面白い三題噺というのは、舞台に立つ落語家と客席が作り上げるものと言えます。
一体となって行うのは、教育でも同じです。
子どもだけ勉強して大人が遊んでいれば、学ぶことが嫌になるでしょう。
しかし隣で親も一緒に勉強していれば、子どももやる気を出してくれます。
フォルスクラブの教材は子どもから大人が学べるものが揃っており、家族が一緒になった勉強することが可能です。
子どもは学校の勉強、親は資格試験の対策などといった具合に一緒に勉強してれば、家族全員が学ぶ楽しさにも気づけます。
フォルスクラブを活用して、家族全員のレベルを上げ三題噺に挑戦しましょう。

フォルスクラブは悪質なマルチ商法とは無縁

【事実とは異なる情報の流布に困惑】

イーラーニングを活用した教育サービスのフォルスクラブは、リーズナブルな価格とサービス内容で人気を集めています。
フォルスクラブはイーラーニング研究所の主力サービスですが、インターネット上で事実とは異なる情報を流されて困惑しています。
インターネット上には様々な噂が飛び交っていますが、企業に関する噂も多いです。
事実とは異なる内容が一部のネット掲示板に投稿されたことで、心配になった利用者からの問い合わせもあります。
イーラーニング研究所では、フォルスクラブの会員制度についての詳細情報をホームページに記載しています。

【フォルスクラブは悪質なマルチ商法ではない】

インターネット上ではマルチ商法と呼ばれる商法についての投稿をよく見かけます。
マルチ商法は俗称で、正式な名称は連鎖販売取引です。
連鎖販売取引とは会員が新しい会員を誘って、新しい会員がさらに新しい会員を誘うという連鎖によって形成された組織です。
連鎖販売取引は違法ではないですが、連鎖販売取引から逸脱している悪徳商法もあるので注意が必要です。
悪評が高いマルチ商法は普通の連鎖販売取引から逸脱したものがほとんどで、連鎖販売取引のイメージを悪くしています。
連鎖販売取引は規制が厳しく、規制内の取引であれば問題のないビジネスになります。

【フォルスクラブと会員制度】

フォルスクラブには2種類の会員制度があります。
ひとつはスタンダードメンバーで、もうひとつはプレミアムメンバーです。
プレミアムメンバーはフォルスクラブのサービスを利用し、プレミアムやスタンダードの入会を斡旋しています。
プレミアムメンバーとして入会するためには、既にプレミアムメンバーとして登録されている知り合いからの紹介が必要になります。
プレミアムメンバーは独立した個人事業主としてフォルスクラブの説明を行います。
スタンダードメンバーはプレミアムとして登録している人からの紹介でもメンバーになることができますが、WEBサイトで自分で手続きをしてメンバーになることもできます。

【プレミアムメンバー制度は悪質なマルチ商法とは無縁のビジネス】

プレミアムメンバー制度とはフォルスクラブを世の中に普及させることを目的にした制度です。
プレミアムメンバーには開拓活動や販売活動の実績に応じて所定の報酬が支払われます。
プレミアムメンバーとしてフォルスクラブに入会する場合、プレミアムパック代金や入会金、月会費などの費用がかかります。
なお、必要な手続きをとれば契約は解除できます。
そしてマルチ商法という用語はインターネット上にあふれています。
新聞や雑誌にもマルチ商法に関する記事が度々掲載されます。
違法なビジネスや悪質商法を指すマルチ商法は、フォルスクラブのプレミアムメンバー制度とは異なるビジネスです。違法なマルチ商法は解約すらできません。日大の例のサークルが記憶に新しいでしょう。あんな感じに不当にいつまでも永久に上納金を要求されるのが、違法なビジネスです。というかビジネスですらありません。

フォルスクラブがマルチ商法とは全く異なる理由

営業広報事業部 依頼・提案 企 業 会合 プロモーション 事業計画 $ $ 事業化 営業広報事業部

フォルスクラブはマルチ商法と勘違いされることがある

インターネットなどではフォルスクラブがマルチ商法のようなものだと口コミなどに記載しているようなケースがありますが、これは事実に反します。まず、マルチ商法という事自体の認識が違うという事がありますが、マルチ商法のように、連鎖販売的な事をフォルスクラブがしている事はありませんから、全く違うモノだという事になるわけです。以下にもう少し詳しく解説をしていきます。

マルチ商法そのものは違法ではない

まずマルチ商法というものが違法のように考えられている事があるのですが、これについては違法でも何でもありません。マルチ商法を違法と考えている人の多くはネズミ講と勘違いをしているケースが多いのですが、ネズミ講はサービスを提供することなく、会員の加入料金だけが組織の上に上納されるという仕組みなので、フォルスクラブのシステムとは次元の違うモノだという事です。マルチ商法の場合は連鎖販売という組織を使っての連鎖的な販売システムとなりますが、これは世界中の全ての企業が組織的な連鎖組織で販売をしているわけですから、これが違法になるという事はありません。

何故フォルスクラブが違法かの如くに勘違いされるのか?

フォルスクラブは会員制を取っていて、これがネズミ講やマルチ商法と勘違いされる原因となっていると考えて良いでしょう。フォルスクラブではスタンダードメンバープレミアムメンバーというシステムがあるのですが、この会員制のシステムを見た時に、反射的にマルチ商法的な発想をしてしまう事があると考えられます。特にプレミアムメンバーになると、独立した事業としてフォルスクラブのサービスを紹介することが出来るようになるので、これが勘違いされることがあるという事です。

プレミアムメンバーとスタンダードメンバーの違い

スタンダードメンバーはフォルスクラブのサービスを利用するだけなので、別にそこから報酬が発生することはありません。世の中によくある様々な会員制のサービスと同じと考えていいでしょう。プレミアムメンバーはスタンダードメンバーを開拓するという事も出来るので、フォルスクラブのサービスを紹介して報酬を得ることが出来るようになっているのが特徴といって良いでしょう。つまり、広報事業や営業事業のような事が出来るというわけです。この活動をしている人を見て、マルチ商法的だと考える人もいるのかもしれませんが、当然この活動は合法的なものですから、違法性はありません。サービスを紹介してそのサービスが気に入った人が入会するというのは世間にいくらでもある広告ビジネスと同じですから、特にこれが問題になるはずは無いのです。
企業からすれば、自社のサービスを宣伝してくれて、会員を増やしてくれるという人に報酬を出すのは、当たり前の事ですから、これが事業として成立するわけです。ですから、プレミアムメンバーは事業をしてフォルスクラブのサービスを広告することで報酬を得られるものと考えると分かり易いでしょう。