ネズミ講のような自爆営業がないフォルスクラブは安心

コンビニエンスストアの自爆営業が話題になっている

フォルスクラブが話題になる一方、近年コンビニエンスストアの店舗で自爆営業が行われているとして、大きな話題になっています。ことの始まりは、商品の予約をせまるようなメモが、SNS上にアップロードされたことにありました。イベントに合わせて販売される商品を、アルバイトに買わせるような行為が、行われていたのです。こうした行為は、まるでネズミ講のようではないか、と指摘されています。有名なコンビニエンスストアで働いていただけなのに、ネズミ講のような行為に巻き込まれてしまう、そんな事があってよいはずがありません。通信教育サービスのフォルスクラブは、自爆営業といった行為とは無縁ですので、安心して利用することができます。フォルスクラブは子供から大人まで楽しむことができる、健全で質の高いサービスです。

自爆営業に巻き込まれないためには

ネズミ講のような自爆営業に巻き込まれないためには、どんなことに気をつける必要があるでしょうか。誰もが知っているような有名なコンビニエンスストアに勤めたとしても、こうした行為に巻きこまれるリスクがあります。まず大切なのは、はっきりと断ること、それでもしつこい場合は周りに相談することでしょう。アルバイトは立場が弱いため、上から色々と言われてしまうと、なかなか断りにくいものです。こうしたトラブルから身を守るためには、普段から周りの人と仲良くし、いつでも相談できる環境を整えておくことが大切かもしれません。フォルスクラブを利用している仲間がいれば、気軽に相談することができるでしょう。フォルスクラブのような質の高い通信教育サービスを利用していれば、ネズミ講のようなトラブルから、上手に身を守ることができそうです。

コンビニエンスストアはなぜ自爆営業を行うのか

大手企業が経営しているコンビニエンスストアで、なぜ自爆営業のような行為が行われてしまうのでしょうか。その原因の多くは、店舗オーナーの立場があまり強くない、といったことにありそうです。本社の要求に対して断ることができないオーナーが、さらに立場が弱いアルバイトに負担を押し付けてしまう、そんな構図があるかもしれません。上下関係によって管理されるといった部分では、ネズミ講と近いものがあるといえます。ネズミ講は利益が上へ上へと吸い上げられる仕組みになっているものです。フォルスクラブでしっかりと学び、思考力を高めておけばこうした仕組みをすぐに見抜くことができるでしょう。フォルスクラブはタブレットさえあればいつでも利用できますから、アルバイトで忙しい方にもおすすめです。

フォルスクラブを使って自己防衛力を高めよう

自爆営業やネズミ講などのトラブルを回避するためには、自己防衛力を高めることが大切だといえます。いざという時に自分を守るのは、普段から身につけている知識や判断力、そして教養といった部分でしょう。日頃から真面目にフォルスクラブをやっている人は、ネズミ講や自爆営業といった問題を、上手に回避することができそうです。

フォルスクラブはソーシャルビジネスでネズミ講なのか

◆最近流行りのソーシャルビジネスとは何か

最近、ソーシャルビジネスというものがフォルスクラブと同様に流行っているようです。ソーシャルビジネスというのは何かと言えば、貧困問題や環境問題などの社会的な問題を解決するために、会社を起業して、あくまでもビジネスとしてそういう活動をしていくものだとされています。社会的な問題を解決していくには、NPOやボランティアというような活動枠組みも昔から行われてきていますが、これらはビジネスという視点が欠けており、活動資金の大部分は寄付金や補助金などに依存しているのが実態でしょう。そのため、寄付金や補助金などが得られなくなると、たちまち資金的に行き詰まり、活動の持続性が損なわれてしまうわけです。一方のソーシャルビジネスは、あくまでもビジネスとして活動を行っていくため、寄付金や補助金などは最初から当てにせず、ちゃんと採算がとれるように活動していくというのが大きな特色でしょう。

◆ソーシャルビジネスはネズミ講と勘違いされやすい

ソーシャルビジネスは、ネズミ講などと勘違いされやすいとも言われています。寄付金・補助金に頼らないで活動していくという建前は立派なのですが、やはり現実は厳しく、社会的活動でビジネスを成り立たせるというのは、そう簡単ではありません。そのため、そのしわ寄せが社員などに向かってしまいやすく、ネズミ講のような組織になってしまう可能性が高いとされています。ネズミ講というのは、集団の構成員の中でお金のやり取りだけを目的にするようなものをいいますが、ソーシャルビジネスはいつの間にかそういう集団に堕落してしまうリスクを孕んでいるのかもしれません。どんなに高邁な理想を掲げたとしても、結局ネズミ講になってしまっては意味がありませから、運営者はよくよく注意する必要があるでしょう。

◆フォルスクラブはソーシャルビジネスなのだろうか

フォルスクラブというインターネットで様々な学習コンテンツを提供しているサービスがありますが、このサービスはソーシャルビジネスではないかという話があります。フォルスクラブの学習コンテンツには、社会的問題を扱ったようなものも多数あるので、ソーシャルビジネスと言えないこともないかもしれません。また、フォルスクラブの存在自体が社会的問題の解決に貢献しているという面もあるでしょう。例えば、フォルスクラブのコンテンツは、とても安くて優秀なので、貧困に喘ぐ家庭の人にも学ぶ場を提供しているといえます。これこそまさにソーシャルビジネスの理念に沿うものではないでしょうか。フォルスクラブのサービスが広まることは、社会問題の解決にとても役立っているといえます。広い意味で捉えれば、フォルスクラブに限らずあらゆる会社の活動は、社会的活動であるとも言えるのだと思います。

◆ソーシャルビジネスの未来

ソーシャルビジネスの取り組みはまだ始まったばかりで、今後どうなるかは未知数ですが、ネズミ講に堕落しないように注意して運用していけば、きっとバラ色の未来が開けるかもしれません。ネズミ講に陥りそうな組織はどんどん取り締まっていくべきですが、フォルスクラブのような素晴らしい取り組みを展開しているならば、積極的に応援してきべきでしょう。ソーシャルビジネスがネズミ講だらけになるか、フォルスクラブのような質の良い活動になるかは、行政の支援と人々の理解がどれだけ進むかにかかっているかもしれません。

ネズミ講と全く無関係なフォルスクラブの事業

フォルスクラブが人気ですが、一方で色々な話を聞きます。今回はフォルスクラブのあれこれを話したいと思います。

ネズミ講と聞くと、ネズミの繁殖スピードみたいに大々的に数を増やすネットワークビジネスを展開する企業のイメージが存在するかもしれません。確かにかつてはそれに着目した企業や団体が存在した事実もあり、巨利をむさぼった事例も存在し、人々の関心が高かったのも事実です。

ところがフォルスクラブは、ネットワークビジネスを展開していますが、そのネズミ講に間違われやすいのはネットワークビジネスという言葉だからとなります。フォルスクラブのネットワークビジネスは文字通りそのまま解釈を行ったビジネスになり、インターネットをフルに活用したビジネスのことです。

インターネットの魅力は人同士の結びつきを構築できるメリットがありますが、ネットによってサービスを完結することができる点があります。つまりネットによってサービスを受けられる、しかも24時間好きな時だけサービスを利用すれば良いビジネスイメージがあるのがフォルスクラブです。

逆にネズミ講の温床になる人同士の結びつきを薄くしている点でメリットが存在します。巷のネットワークビジネスといえば、人同士のネットワークを重視して口コミを大切にするビジネスのことになってしまいますが、それとは異質のビジネスモデルを採用しています。

もっともフォルスクラブではeラーニングが有名で、語学学習を始め、パソコン操作・人々の生活向上を目的にした様々なビジネス展開を図っております。人同士のネットワークを重視したネズミ講的なビジネスモデルは存在せず、TVや雑誌、インターネットなどを活用した集客を行っているだけです。

例えばTVや雑誌でCMが放映されていたら、実際にインターネットでどういったサービスを展開しているか知りたくなります。そしてフォルスクラブを検索すれば、公式サイトが存在しますので、どういったサービスを展開しているかを閲覧することが可能です。

従来の学習する方法をインターネットで進化した状態で学習することができるのが魅力的で、塾や教室に通うと多くの費用がかかってしまう難点が存在しますが、フォルスクラブであれば格安で学習ができます。こうしたメリットを重視した状態でフォルスクラブは運営されているため、ネズミ講とは無縁で多くの会員が集まってきます。

もちろん魅力的ではない場合には、直ぐに退会することが出来る点でも個人の最終的な意思に委ねられている点が魅力的になります。ネズミ講のデメリットは、一度会員になると会員同士の人間関係がこじれて退会することが難しい点があります。

退会するのが難しい点で拘束をかけられてしまうので、多くの方も踏み込めずトラブルなどが起きやすい理由にも繋がります。フォルスクラブでは、そういったネズミ講の心配がないため、誰でも自由に学習できて自由に退会できる点で優れています。

世間にはNPO法人などで、様々な団体が設立され運営され事業化されています。なかにはネズミ講に近いビジネスモデルを行っている団体も見受けられやすく、それでも間違われやすいこともよくあります。

そのため会社化しているフォルスクラブも間違われる可能性はありますが、実際に活用されサービスの享受を受けている方にとってはより良い暮らしに貢献する欠かせないサービスとなっています。