福士蒼汰さんがイチオシするフォルスクラブはどこで出来る?

福士蒼汰さんがイチオシするフォルスクラブとはどんな教材なのでしょうか?
使用可能な温度、使用可能な湿度、使用可能な磁場など気になりませんか。
日本は平穏な環境なのでこういったことを気にする方は少ないですが、
場所によってはかなり劣悪なところもあるでしょう。
福士蒼汰さんは色々なロケに行きますので、
場所によってはフォルスクラブが出来ない可能性もあります。
今回はこの教材が利用できる場所と
出来ない場所について紹介したいと思います。

 

まず、フォルスクラブはオンライン型のeラーニングです。
インターネットが繋がらないと勉強することが出来ません。
今や日本のあらゆるところで電波が飛んでいますが、
探せば不通になってしまうところはいくらでもあります。
例えば、水の中。
福士蒼汰さんがスキューバーダイビングをしていたとしたら、
その最中はフォルスクラブをすることが出来ないでしょう。

 

また、使用する機器も水中に対応していないことが多いです。
水の中でもタッチできるスマホはかなり高額なので、
水の中での勉強は諦めた方が良いでしょう。
ついでに言うと、スキューバーダイビング中は
サイクリング並の集中力が必要であり、わき見運転が禁止です。
スキューバーダイビング中にスマホで何かをするのは
あまり推奨される行為ではありません。

 

高温多湿な場所も控えたいところです。
福士蒼汰さんがサハラ砂漠でロケをする場合、
その日中の温度は平気で50度を超えます。
大抵の電子機器はオーバーヒートするでしょう。
パラソルか何かで日陰を作っても難しいところです。
また、梅雨シーズンの香港は湿度100%を超えて150%くらいになります。
そんな数値はありえませんが、
最早濃霧が地上を覆うと思った方が良いくらい、湿気でジメジメ。
日本の梅雨が可愛くなるくらいの湿度ですよ。

 

そうした環境下でも満足に電子機器は使えないでしょう。
もちろん雨に濡れながらもアウト。
高温多湿の場所でフォルスクラブをするのは諦めましょう。
ついでに言うとこの教材は日本オンリーなので、
サハラ砂漠や香港ではログイン自体出来ないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です