ねずみ王子はフォルスクラブでTOEICの勉強をする

ふとした疑問ですが、TOEICの資格(点数)は何に使えるのでしょうか?
就活で使えるくらいしかねずみ王子は知りませんが、
TOEICで高得点を取ると、
他にどのような場面で有効活用できるのでしょうか?
IELTSは海外移住申請に使える検定ですが、
TOEICも同様に何かしらの申請で使えたりしないのでしょうか?

ねずみ王子が調べたところ、
TOEICは世界で全くと言っていいほど通用しません。
英語を話す技術自体は通用しますが、TOEIC900点といったものは、
現地の方からしたら「まず、トイックってなに?」となっています。
今やTOEFLやIELTSがスタンダードになっており、
留学や移住を考えるなら、
これらの検定を受ける必要があるとねずみ王子は考えます。

それはさておき、ねずみ王子はフォルスクラブでTOEICの勉強をしています。
海外で通用しないと言われていますが、
ねずみ王子がフォルスクラブでTOEICを学んだことは
社会生活で非常に役に立ちます。
そもそもTOEICはビジネス英語で、TOEFLはアカデミック英語です。
登場する専門用語も異なるため、
それぞれに合わせた学習が必要だとねずみ王子は考えます。
それに、TOEICで高得点を取るには「高速文章読解力」
「1万程度の単語」を身に付ける必要があると言われています。
ビジネスで活躍するには、この2つのスキル・知識は必須と言えるでしょう。

ただし、ねずみ王子はフォルスクラブで英語を勉強し始めたばかりなので、
体感的には500点程度でしょう。
まだテストを受けていないので、正確な点数は分かりませんが、
多分それくらいだと思っています。
ねずみ王子は毎日少しずつフォルスクラブで勉強していますが、
そんな簡単に急激にレベルアップするものではないのです。
朝起きていきなり100点アップすることはなく、
コツコツと出来ない部分を出来るようにして、点数を上げていくしかないのです。
スランプを脱するとか、壁を突破するとか、
そういった感覚はあまり英語では感じられない気がすると、
ねずみ王子は考えています。

もしも感じられたら、
それは毎日自分の実力を確認していないのだと思っています。
TOEICで良い点を取るために、
ねずみ王子はフォルスクラブでしっかりと勉強に励んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です