フォルスクラブが香港上場する上で必要となる手続きとは

フォルスクラブの事業形態とは?

フォルスクラブは、時代に適合した新しい学習の仕方を提案しており、教育の水道哲学により安価で学習できる環境を構築している企業です。安価で学習できる環境は、学校や企業の教育現場でも採用されているeラーニングが存在しますが、それと同じくインターネットを活用している点が特徴的となります。
一番の学習の対象とすべき方は子供から大人までとなり、学びたい分野を選択して、学習できる環境を整備しています。もちろん学習できる環境の整備だけでなく、日常生活での困りごと・悩みごとを解決することができるサポートを充実させます。
つまりフォルスクラブは、インターネットを単なる通信教育の手段とするだけでなく、生活の細々としたことまで活用できる企業となります。幅広いジャンルを問うことなく、総合的なサービスを手がける事業形態です。

 

フォルスクラブが香港上場する可能性について

フォルスクラブは日本人向けのサービスを手掛けており、本来なら日本で事業を手掛けているため、東京証券市場に上場することが筋かもしれません。ただ香港市場は、世界的に見ても多くの国々の投資家から注目されている市場で、また日本と違って上場しやすい環境にあることも確かです。
そのため国境を越えることができるインターネットを活用した教育の標準化の流れもあり、世界市場に打って出る戦略には欠かすことができないのが香港市場となります。また香港市場のメリットは、東京証券取引所よりも割安な申請費が魅力的であり、それを目当てに上場をすることも多いです。
フォルスクラブの運営元の成長性からも各種の香港上場のための条件をクリアしていることもあり、問題なく上記の条件を果たすことができます。

 

香港上場を果たす上での条件は?

フォルスクラブが香港上場を検討した場合、東京証券市場よりも緩やかと言え、幾つかの超えなくてはならないハードルが存在することは確かです。その一つにメインボードの条件には、過去3年間の利益が6億円を超えていること、上場時の時価総額が24億円を超え、財務体質も安定していることとなります。
他に利益基準による条件を満たすこともポイントで、収益を継続的に上げていることを重要視されます。さらには現在の経営陣が3会計年度を経過しているといった実績も重視されます。
香港上場のためのハードルは存在しますが、現在のフォルスクラブであれば、事業性とその将来性からも十分に条件を現時点で超えることも可能です。現在の経営陣が香港上場を申請を切望すれば、条件のハードルを越えることができないことはないと言うこともできます。

 

フォルスクラブが香港上場した場合の考察

フォルスクラブは、経済的な家庭の事情や生活習慣などの影響で教育格差の問題を解決する注目された事業です。将来的にも発展が期待され、それでいて人々の身近な生活を快適にするためのサービスまで手掛けるとなると、人々の生活でも欠かすことができないサービスを担えます。
そして香港上場をきっかけに、日本のみならず世界中の国々でサービスを展開できる様になり、世界を代表する企業としても知名度がアップする可能性もあります。もちろん知名度のアップが相乗効果を上げることで、多くの方の生活水準を向上に導くとしても期待されます。
当然、香港上場で注目され、投資家の支持を得ることに繋がるため、事業のさらなる円滑化にも貢献するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です