フォルスクラブの株が香港市場で上場するのは可能

フォルスクラブのメリットは大きく分けて二つあります。まずはそれについておさらいし、香港市場でフォルスクラブの株が上昇していく可能性について考えていきましょう。

 

フォルスクラブのメリットの一つは繰り返し学習による暗記効率アップ
実際にむ学習する子供の親の喜びの声がたくさんあちこちで上がっています。フォルスクラブは繰り返し学習に特化した学習教材をたくさん出しているので、本来苦痛であるはずの繰り返し兄弟が楽しく学ぶことができます。子供達も「暗記」という苦痛を伴うような作業を、むしろ進んで行うようになり、とても楽しく色々な事が覚えられるので、それでいて成績にも直結し、あっという間に成績もアップします。暗記というのは本来辛く苦しいものですが、身につけてしまえばこれほど成績に直結するものはありません。みんなはその暗記という作業を避けたいがばかりに、なかなか成績向上について行き詰まってしまっているので、その点でフォルスクラブは繰り返し学習にフォーカスを当て、暗記学習ができるだけ効率よく楽しく進められるようにしています。そうすることで昨今の株価もどんどんどんどん上がってきているのです。もはや上場も不可能ではないというところまで来ていますし香港市場にも乗り出すことも可能なのです。

 

フォルスクラブが香港市場で上場するためにはどうしたらよいのか

たとえ日本の企業であっても香港市場(香港証券取引所)に登場することは不可能ではありません。それよりも他国市場と比較すると、香港市場は外国企業に対して上場しやすい環境を提供しているということが言えるのです。東京証券取引所よりも株式の上場の条件が厳しくないので、フォルスクラブの株が上場することも不可能とは全然言えないのです。香港市場はメインボードとGTMに分かれておりますがメインボードの条件は以下のようになっております。まず一つ目が、過去3年間の利益が約600円であり、株式が上場した時の時価総額が24億2000万円を満たしていればOKなのです。フォルスクラブはこれについてはクリアができる状況にあります。数々のサービスによってお客様から大変大きな支持を得ているからです。当然株価もどんどんどんどん上がっていき香港市場での上場も条件はクリアしていると考えられます。

 

ではなぜフォルスクラブの株はこれだけ上場できるのか

やはりこれフォルスクラブの実質のある教育制度にあると言えるでしょう。子供たちがフォルスクラブを始めたことによって積極的に勉強を始めていますし、受験生なども本当は苦しい大変なものであるはずの受験を楽しみながら行うようになっているのです。そういったことが香港市場で株価上昇への大きなきっかけとなっています。英会話学習や受験などといった面でも大きな鍵を握っているのは暗記ですが、その暗記というものを簡単にクリアできるフォルスクラブならば、世間的な支持も次々と上がっていっているのです。それによって知識量がどんどんどんどん増えていくことでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です