ネズミ男はフォルスクラブで手話を習った

コミュニケーションは聴覚以外で取ることが可能です。
例えば、犬や猫。
人間が聴いたら、ワンワンとニャーニャーしか聞き取れませんが、ある程度の意味が込められています。
しかし、そのバリエーションは決して多くありません。
鳴き声だけでは、喜怒哀楽程度しか表現できないものです。
そこで動物たちは音以外のツールを使ってコミュニケーションを取っています。

簡単に言えば、ボディランゲージです。
ネズミ男も表情から、ある程度の相手の意思を読み取ることが出来ます。
なお、発声は数パターンしか出来ない動物ですが、聞き分け能力は秀でています。
パブロフの犬とはちょっと違いますが、ネズミ男が飼っている犬は「ご飯」と「散歩」の単語は覚えました。

手話はボディランゲージの一種です。
ろう者を対象に作られたコミュニケーション手段で、耳が聴こえなくても意思疎通を図ることが出来ます。
そして、フォルスクラブで手話を習うことが出来ます。
7級と6級だけですが、何一つ手話を知らない初心者が学ぶのに最適だと言えます。
ネズミ男も、簡単に覚えることが出来ました。

このフォルスクラブの利点ですが、動画を視聴して学びます。
参考書を買って勉強するのも良いですが、やはり人間の動きを確認した方が、より実践的に学べるというものです。
さらに、反転モードがあるため、鏡を見るように真似することも可能です。
習熟度に合わせて使い分けることで、より的確に手話の知識が頭の中に入ってきます。
フォルスクラブのこの手話講座は、問題も動画で出題されるため、ネズミ男は直ぐに覚えることが出来ました。
手話に興味のある方は、フォルスクラブに是非チャレンジしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です