フォルスクラブでクイズを作るネズミ男

途中で放り投げたゲームとして有名なのが「RPGツクール4」です。
ネズミ男はスーファミ版のRPGツクール2をかなりやりこんで、ゲームを自作しましたが、どうもプレステ2の方はやる気が出ませんでした。
理由はいくつかあると思いますが、自由度が高すぎるのが原因かもしれません。
最初からあまりにも自由に作れると、何をすればいいか迷ってしまうものです。
キャラを作ったり、適したステータスを計算したり、シナリオを作ったりと、やることが多すぎて困ります。
ネズミ男、4日ぐらいで飽きたと記憶しています。
「もっとこんなことが出来ればいいな」と思うのは熟練者のみで、初心者には簡単な方が喜ばれるというものです。

フォルスクラブにはクイズを自作出来るコンテンツが収録されています。
そして、非常に簡単に作成することが可能です。
初めからある程度のテンプレートが完成されていますので、後は問題文と回答となる選択肢を記載するだけでOK!!
ネズミ男でも簡単に何個か作ることが出来ました。
単純に勉強すること、させることを目的にしているフォルスクラブのコンテンツなので、余計なオプションは不要だと言えそうです。
「クイズのページの背景の色を変更できるともっと楽しい」という意見は、熟練者になってからしたいと思います。

この容易性からフォルスクラブのこのコンテンツは人気です。
ネズミ男も自作だけでなく、他人が作ったクイズを良くやります。
面白いのから良く分からないのまであり、やっていて飽きません。
RPGツクール4の方も、まずは他人が作ったゲームをプレイ出来れば、フォルスクラブの様に人気になったかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です