イーラーニング研究所の従業員が全員ねずみ男だったら大変

「ギスギスした環境になるのは確実」
全員同じ人だったらどうなるかという質問があった場合、あり得ない質問であるためマジメに答える人はいないかもしれませんが、イーラーニング研究所の従業員が全員ねずみ男だったとしたら非常に恐ろしいです。イーラーニング研究所といえば子供向けの講座やビジネスマン向けの講座、そして資格対策講座などがあります。それに携わる人全員がねずみ男だったとしたら講座を受ける側も講座を提供する側もその心は晴れず、嫌な気持ちだけが残るはずです。ねずみ男といえば調和というものを考慮せず、自分勝手に行動をする人物です。そんな人ばかりになってしまえば、相手のことを全く配慮できない状況になり、学ぶ意識を高くしようとしても結局嫌気が差してしまうということになってしまう可能性があります。

 

「イーラーニング研究所の従業員は相手を思いやる」
スクール事業ではそろばん教室などを展開していますが、もしそこで働く人がねずみ男だったら最初のうちは子供も楽しいかもしれませんが、段々と嫌になるはずです。学んでいく中で上達のスピードが落ちることがあります。嫌気が差し始めた時期にねずみ男がさらにやる気を失わせることを言ってしまうかもしれません。そうなれば勉強自体が嫌になり、今後学ぶことすら放棄する可能性があります。イーラーニング研究所で働く従業員は相手に対する思いやり、配慮を欠かしません。それがなければ学ぶ意識を失わせてしまうからです。ねずみ男が1人いただけで成立しにくい中、全員がねずみ男だったとしたらイーラーニング研究所の運営は難しくなるかもしれません。

 

「ねずみ男は実は素直な人間だからうまくいくかも」
全員ねずみ男だったらイーラーニング研究所は大変なことになるという見方もできる一方で、ねずみ男の素直さにクローズアップするのも大事です。計算高いところはありながらも、結局は短絡的な計算のためにたいていは失敗します。だからこそ、憎めないキャラということになりますが、素直であることは言えます。素直であればイーラーニング研究所でも従業員として働くことは十分に可能です。学ぶ意識は素直さに比例するところがあり、素朴な疑問なども素直さに通じるものがあります。改善すべき部分はあるものの、素直さを大事にしていけば何とかなるといえなくもありません。

 

「多様性こそが学びの場では一番大事になる」
全員ねずみ男だったら嫌だという結論になる一方、ねずみ男ではなかったにしても全員同じ人というのはあまりいいことではありません。イーラーニング研究所の講座を受ける人は千差万別、十人十色であり、個性が全く違います。教える側などが全員同じだとしたら全く違う個性の人に対応できません。なので、全員がねずみ男だろうとロボットだろうとあまりいいことではないです。ねずみ男のような人がいても、絶世の美人がいたとしても学びの場では教える側の多様性が大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です