フォルスクラブとMLMとの違い

MLMというのは何か?

MLMというのはマルチレベルマーケティングの略で、最近日本でも流行って来ている訪問販売のような方法の事です。この販売方法の特徴は消費者が販売者ともなる事が出来るということで、販売元の企業と契約をして販売者兼消費者としてその会社の商品を売る事も買う事も出来るということになっているところです。契約は成果報酬型になっている事がほとんどで売れば売るだけ儲かるということになるので、この方法では販売員の中には多くの報酬を獲得することが出来るような人が出てきているというのが特徴的という事が言えるのかもしれないかもしれませんのです。。。

 

MLMは合法なのか?

MLMは合法ですし、優れた販売方法という事も言えるでしょう。これまでの日本では無かったサービスの提供方法という事で怪しいというような事を言う人もいますが、内容を見れば怪しい所は無いという事がすぐに分かります。逆にこれまでの日本の販売方法の隠れた陰湿な部分を無くしているという点で優れた画期的な方法といって良いかもしれない。特に販売員が成果報酬式でいつ販売員になってもその成果によって多額の報酬を獲得することが出来るというところが極めて優れているという事が言えるのかもしれません。多く売る販売員が多くの報酬を獲得することが出来るという極めて当たり前のシステムなのですが、これが今までの日本に無かったという事の方が不思議だといって良いのかもしれない。

 

フォルスクラブがMLMと間違われるのは何故か?

フォルスクラブがMLMと間違われるのは、実はよくわかりません。そのように言う人に聞くしかないということにはなるのですが、考えてみるとフォルスクラブはネットで会員になってもらってその上でサービスを利用してもらうという事をしてもらっているので、この会員になるというところで、MLMの販売員になるというところと似ているという事を感じるのかもしれない。ですが当然のことながらフォルスクラブの会員になったからといってフォルスクラブの商品を販売したりするような権利が与えられるわけではありませんから、MLMとは全く違うということになるのですが、その辺りは間違える人でなければ分かりません。

 

フォルスクラブのビジネスに問題は無いのか?

フォルスクラブのビジネスはこれまでになかった、ネットでさまざまな情報を提供するという事をしているわけですから、特に問題があるビジネスではない。新しいという事で上記のような誤解がある事もあるのは事実ですが、それはフォルスクラブのビジネススタイルが問題というのではなく、新しいものが出てきた時のチェックの段階にあるからという事になるだけの事で、それ以上でも以下でもないと考えて良いでしょう。新しいものが出てきた時にはまずは疑ってかかるというのは人の心理として当然の事ですから、それが出てきている人がいるというだけの事です。特に気にすることはないはずです。

 

日本でMLMが流行らなかった理由

推測するに、日本人は欧米人に比べて過度にご近所付き合いすることを尊ぶ民族だからかもしれません。欧米のビジネスマン(ビジネススタイル)を見ると、仕事と私情(家庭や友情)は切り離している節が強そうです。そのため、諸外国ではご近所関係はやや希薄ともいえます。ついでに言うと、しっかりと「No!!」を言えるともいえそうです。それに対し日本人はとても押しに弱いです。親戚や友達から商品を斡旋されたら、情に負けて買ってしまうことがほとんどと言われています。2018年の今においてはどうか分かりませんが、マルチ商法やネズミ講が流行っていた平成初期は、ご近所つきあいがかなり強かったといえます。たぶん。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です