フォルスクラブがMLMではない理由とは

フォルスクラブとはそもそも何かを理解しよう
フォルスクラブと呼ばれるところがありますが、これはインターネットで勉強するイーラーニングと呼ばれる通信教材になります。フォルスクラブでは、英語の教材を主に扱っており英会話の学習をする場合や試験勉強などで使う場合には非常に役立つといえるでしょう。また最近は、資格試験なども利用することができ英会話だけでなく例えば比較的簡単な資格なら基本的なところからインターネットを通じて勉強することができるようになります。


MLMではないかとのうわさがあることも
フォルスクラブには様々なうわさがありますが、その中でもMLMではないかとのうわさがあります。パソコン2台使うことで、組織を作り上げそこから収益を得ようとするものです。MLMとは、ネットワークビジネスのことを意味しています。


二つの違いは一体何かを理解しておこう
フォルスクラブがMLMではないかとのうわさがありますが、これに関しては完全に否定してもよいでしょう。そもそも、根本的に仕組みが全く異なります。フォルスクラブで商品を購入してもらう場合には、とくに口コミや非鋼板を起こして友達に紹介しているわけではありません。インターネット上で利用することができるものですので特に紹介者がいなくても問題なく加入することができます。毎月のノルマなどがあるわけでもなく、大量の買いこみをする必要もないです。そもそもそのようなノルマがあるとしたら、これは顧客として扱っているのではなく単にビジネスとして参加しているのといっしょになってしまうでしょう。
最近はあまり見受けられませんが、大量の買いこみをするようなMLMもありますが、たいていの場合には大きな損してしまいます。わざわざフォルスクラブに加入するのにそのようなめんどくさいしがらみがあれば多くの人は否定的に考えてしまいかねません。


MLMの実態を理解しておくと何かと便利
1980年代から90年代にかけては、MLMが盛んにおこなわれていました。特に、インターネットのない時代ならば今冬のところが顧客に分かりにくくブラインドされた状態でダウンを続けさせることができていました。ですがインターネットが使われるようになると、裏の部分まで見えてしまい何かと不都合になったわけです。例えば、都合のいいことばかり言って商品を買わせるけども、実は話している内容が薄かったと言うことも少なくありません。よくある例としては、この会社は非常に伸びてくるので今のうちに会員になった方がよいといった内容になります。実際には売り上げが減少しているにもかかわらず、話したうまい人がそのように誘い込むので思わず本気になってしまいビジネスに参加する人もいます。
このように、MLMは非常に危険な一面を持っているため注意しなければならないところです。フォルスクラブにはそのような組織は一切なく強制的に何かをしなければならないこともありません。

(※誤植が多くて、筆者にも良く分からない文章になってしまった・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です