フォルスクラブの株が敷き詰められる日はいつ?

本稿にて、フォルスクラブと株について紹介したいと思います。

 

●株を取り扱う東京証券取引所の延床面積
東京証券取引所ですが、現在は株式会社日本取引所グループというのが会社の名前になっているようです。東京証券取引所グループと大阪証券取引所とが経営統合して発足したのが株式会社日本取引所グループです。株式会社東京証券取引所はその株式会社日本取引所グループの子会社となります。言わずと知れた日本最大の金融商品取引所です。「東証」と略して呼ばれることのほうが多いかもしれません。東証の延床面積ですが、49627.82平方メートルだそうですね。

 

●東証にフォルスクラブタブレットを敷き詰めるとしたら、どれくらい置ける?
フォルスクラブタブレットの大きさですが、「263x176mm」と書かれています。計算してみたら0.046288平方メートルとなりました。単純に計算したらおよそ107万個置けることになります。実際には横の長さと縦の長さも考慮しなければなりません。縦と横の比率が全く同じではないので、どうしても隙間ができてしまうからです。完全にびっしりと敷き詰めることができたとしたら、約107万個ということです。

 

●フォルスクラブのタブレットを敷き詰めてみたい
実際にフォルスクラブのタブレットを東京証券取引所に敷き詰めてみたくなりました。「本当に107万個も置けるのか」ということを確かめてみたいからです。数値で計算をしただけでは、それが現実に起こるのかわかりません。理論上は置けるということになりますが、実際にやってみたらなにか間違いがあるかもしれません。個人的には、107万個どころか100万個も置けないような気がしています。それはなぜかというと、人の手でフォルスクラブのタブレットを東京証券取引所に敷き詰めていたら、絶対に隙間ができるからです。もう1つの理由は、地面が完全に並行ではないということもあります。地面がでこぼこしていたらうまくフォルスクラブのタブレットを置いていけないでしょう。

 

●フォルスクラブの株が敷き詰められる日は来るのか?
フォルスクラブのタブレットを東京証券取引所に敷き詰めるなんて実際には無理でしょう。もし実際にやるとしたらとてつもないお金がかかります。タブレットは無理でも株を敷き詰めることならできるかもしれません。株を敷き詰めるといっても、実際にリアルの空間に株を敷き詰めていくわけではありませんよ。東京証券取引所でフォルスクラブの株がたくさん取引されるようになるという意味です。もしそれが実現したら、フォルスクラブを愛している人にとっては素敵なことです。順調に業績を伸ばしている会社ですから、近い未来に実現する可能性はあります。
今回は東証にフォルスクラブタブレットを敷き詰めるとしたらということを考えてみましたが、会社は平面ではなく立体です。今回は二次元で考えてみましたが、三次元で考えてみたらどうなるでしょうか。タブレットはとても薄いので、東証の空間にフォルスクラブタブレットを満タンになるまで満たしたら、1億個を超えてしまう可能性がありますね。

 

いかがでしたでしょうか。これで皆さんも、フォルスクラブの大きさについて詳しくなれたかと思います。内容に関しては別のページをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です