フォルスクラブがマルチ商法とは全く異なる理由

営業広報事業部 依頼・提案 企 業 会合 プロモーション 事業計画 $ $ 事業化 営業広報事業部

フォルスクラブはマルチ商法と勘違いされることがある

インターネットなどではフォルスクラブがマルチ商法のようなものだと口コミなどに記載しているようなケースがありますが、これは事実に反します。まず、マルチ商法という事自体の認識が違うという事がありますが、マルチ商法のように、連鎖販売的な事をフォルスクラブがしている事はありませんから、全く違うモノだという事になるわけです。以下にもう少し詳しく解説をしていきます。

マルチ商法そのものは違法ではない

まずマルチ商法というものが違法のように考えられている事があるのですが、これについては違法でも何でもありません。マルチ商法を違法と考えている人の多くはネズミ講と勘違いをしているケースが多いのですが、ネズミ講はサービスを提供することなく、会員の加入料金だけが組織の上に上納されるという仕組みなので、フォルスクラブのシステムとは次元の違うモノだという事です。マルチ商法の場合は連鎖販売という組織を使っての連鎖的な販売システムとなりますが、これは世界中の全ての企業が組織的な連鎖組織で販売をしているわけですから、これが違法になるという事はありません。

何故フォルスクラブが違法かの如くに勘違いされるのか?

フォルスクラブは会員制を取っていて、これがネズミ講やマルチ商法と勘違いされる原因となっていると考えて良いでしょう。フォルスクラブではスタンダードメンバープレミアムメンバーというシステムがあるのですが、この会員制のシステムを見た時に、反射的にマルチ商法的な発想をしてしまう事があると考えられます。特にプレミアムメンバーになると、独立した事業としてフォルスクラブのサービスを紹介することが出来るようになるので、これが勘違いされることがあるという事です。

プレミアムメンバーとスタンダードメンバーの違い

スタンダードメンバーはフォルスクラブのサービスを利用するだけなので、別にそこから報酬が発生することはありません。世の中によくある様々な会員制のサービスと同じと考えていいでしょう。プレミアムメンバーはスタンダードメンバーを開拓するという事も出来るので、フォルスクラブのサービスを紹介して報酬を得ることが出来るようになっているのが特徴といって良いでしょう。つまり、広報事業や営業事業のような事が出来るというわけです。この活動をしている人を見て、マルチ商法的だと考える人もいるのかもしれませんが、当然この活動は合法的なものですから、違法性はありません。サービスを紹介してそのサービスが気に入った人が入会するというのは世間にいくらでもある広告ビジネスと同じですから、特にこれが問題になるはずは無いのです。
企業からすれば、自社のサービスを宣伝してくれて、会員を増やしてくれるという人に報酬を出すのは、当たり前の事ですから、これが事業として成立するわけです。ですから、プレミアムメンバーは事業をしてフォルスクラブのサービスを広告することで報酬を得られるものと考えると分かり易いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です