イーラーニング研究所のスマホアプリをよく利用する世代について

スマホアプリの使用状況は世代ごとに異なります。

10代がよく使用するアプリ、20代がよく使用するアプリ、30代がよく使用するアプリ、40代がよく使用するアプリなどがあります。

それぞれ資産や育った環境が異なりますので、使用するアプリにも傾向があるのです。

ちなみに、LINEは全世代でダントツの1位です。

やはり無料で電話やチャットができる機能は強いですね。

 

イーラーニング研究所のスマホアプリは20代、30代に人気です。

10代は少ないですが、18歳以上の大学生で少なからず需要があります。

そのアプリは2つあり、英語学習ゲームと、各種資格講座です。

前者はゲームになりますので中高生もしそうな気がしますが、中高生はあまりスマホゲームには夢中になりません。

携帯ゲームより夢中になるかもしれませんが、学校の勉強や部活、友達付き合いで忙しく、スマホゲームにそこまで熱中することはないのです。

一方で、大学生は割と自由な時間を取りやすいので、毎日3時間以上スマホゲームをする方は多いかもしれません。

中毒性のあるゲームはほどほどにしましょう。

 

イーラーニング研究所の各種資格講座は大学生向けというよりも、社会人向けになります。

就活が終わった大学生にも有用ですが、この資格講座はどれもハイレベルなものになりますので、学生が勉強するにはあまり向かないかもしれません。

大体20代の社会人がイーラーニング研究所の資格講座を利用すると思います。

もちろん、30代の方にも有用です。

40代も利用しそうなイメージがありますが、残念ながら40代以上はスマホ自体をあまり持たない層になります。

 

統計によると、40代は60%、50代は50%、60代以上は30%しかスマホを持ちません。

そしてその利用用途も、通話、ニュース、調べもの(地図とか)で、ゲームや勉強目的ではほとんど使用しません。

そうしたことに興味がないというよりも、「ダウンロードの仕方が分からない」「ダウンロードしても上手く使える自信がない」「お金かかりそう」といった理由です。

そうした事情があり、イーラーニング研究所の各種資格講座は20~30代が中心のアプリになります。

ついでに言うと、40代の方は既にその資格を保持していることも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です