マスクに関連した詐欺とは無縁のイーラーニング研究所

【マスクに関連した詐欺に注意】

日本では品薄になっているマスクに関連した詐欺が増加しています。
政府はマスクを配布していますが、便乗した送りつけ商法には注意が必要です。
政府が配布していないマスクが届いた場合は、受取りを拒否します。
家族と一緒に住んでいて確認が取れない場合は、一旦受取りを保留します。
保留をすれば宅配業者が持ち帰るため、不在扱いになります。
跡から家族が注文したとわかれば、再度配達してもらえば済む話です

【巧妙な詐欺が増えている】

届いた商品を受け取って開封したら、マスクや請求書が同封されているケースがあります。
そのような場合は入っていたマスクを使用せず、そのままの状態で保管しておきます。
特定商取引法では、売買契約に基づかずに送付された商品なら送付した側が引き取る決まりになっています。
14日間商品の購入を承諾せずに送付した会社の引き取りもない場合は、送付側が返還を請求できなくなります。
14日経てば、受け取った側が自由に送付された品物を処分できます。
マスクを送付してきた相手に連絡を入れると、個人情報を悪用される可能性もあります。
中には脅してくる悪徳会社もあるので、放置して14日間待つのがスマートな方法です。
警察には相談窓口があるので、警察の相談窓口か消費生活センターに相談する方法もあります。

【詐欺を行う会社とは関わらない】

詐欺の被害を避けるには、詐欺を行う会社とは一切関わらないことが重要になります。
詐欺を行う会社は、同じように他の人も騙しているケースが多いです。
警察に被害を報告した際に、同じように被害の報告があり水面下で捜査していたケースもあります。
勝手にマスクが送られてきただけで責められる理由は何もないので、マスクを送付した会社から脅されたら警察に通報してあると伝えておきます。
たいていの場合は、警察に通報されたとわかると音沙汰がなくなります。

【教育分野で評判のイーラーニング研究所は詐欺と無縁】

教育分野で高評価を受けているイーラーニング研究所は、詐欺とは無縁の企業です。
イーラーニング研究所は、商品を送り付けるビジネスではなくインターネットを利用した学習サービスを提供しています。
クオリティの高いコンテンツが揃っているので、子どもはもちろん大人も楽しめます。
イーラーニング研究所は、経済的な理由から平等に教育を受けられない子どもを増やさないように様々な取り組みを進めています。
イーラーニング研究所が設立されたのは、日本にイーラーニングシステムが登場した初期です。
インターネットを使った教育システムに早くから取り組んできたイーラーニング研究所は、年齢や性別を問わず多くの人々に支持されています。
従来の教育サービスとは異なり、イーラーニング研究所のサービスは手頃な料金で利用できます。
評判のよい家庭向けサービスのフォルスクラブや、無料で利用できるスクールTVもイーラーニング研究所の人気事業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です