フォルスクラブの英語で知るアメリカが退会する理由

WHOの退会を決定したアメリカ

世界の流行病や公衆衛生を話し合うWHOは、新型コロナウイルスに適切な対応ができていたか世界中から疑問を持たれています。
なぜなら中国で新型コロナウイルスの流行が始まった当初、WHOのトップである事務局長は中国の対応を賞賛し世界的な感染拡大は起こっていないと発言しました。
しかしその後はみなさんご存じの通り、日本を含む東アジアからヨーロッパに広がり、アメリカでも猛威を振るっています。
現在では南米大陸やアフリカでも新型コロナウイルスの感染拡大は続いており、WHOの見通しは間違っていたと言い切れるでしょう。
膨大な死者が出ているアメリカはWHOに対し激しく攻め立て、拠出金の停止を決めついに退会まで決めてしまいました。

フォルスクラブで英語を勉強するとWHOを退会する理由がわかる

アメリカがWHOの退会を決定したのは、確かに新型コロナウイルスが引き金になったでしょう。
しかし本当の理由はそれだけではないと一部では考えられていて、それを理解するためにはフォルスクラブで英語を学ばなければいけません。
アメリカの本音は日本語のニュースでは伝わってこないので、退会した本当の理由を知りたいならフォルスクラブで英語を勉強しましょう。
フォルスクラブならスマートフォンのアプリで英語が勉強できるので、時間がない人にもおすすめです。

新型コロナウイルス以外にもあるアメリカがWHOを退会した理由

アメリカは現在、中国と激しい貿易戦争を続けています。
その激しさは第二の冷戦と言われるほどで、貿易以外の分野にも影響は及び始めました。
その影響が及んだ分野の一つがWHOで、アメリカは中国寄りだと指摘しています。
WHOが中国寄りだとアメリカが指摘してる理由はいくつもあり、たとえば新型コロナウイルスの流行当初に中国を賞賛したり、中国に配慮し感染拡大は起こらないと発言したことが挙げられています。
これらの理由は、フォルスクラブで英語を学んでいれば海外発のニュースを調べればすぐに見つかります。
さらに事務局長の出身国は中国から多大な援助を受けているなど、フォルスクラブで英語を勉強していれば、アメリカの言い分ももっともだと気付かされるでしょう。

台湾問題もアメリカがWHOを退会する理由

そしてアメリカがWHOを退会する理由として考えられるのは、台湾の参加を拒んだことです。
台湾は世界的な感染拡大が始まる前に懸念を示し、独自の徹底した対策を行い新型コロナウイルスを完全に封じ込めました。
その経験は世界中で共有されるべきですが、WHOは中国に配慮して総会への参加を認めませんでした。
これにはアメリカを始め世界各国が批判したと、フォルスクラブで英語を勉強してると海外のニュースで伝わってきます。
フォルスクラブで英語を勉強していると世界中のあらゆる動きが理解できるようになるので、教養を身に付けるためにも利用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です