フォルスクラブの支払いとビットコインの安い手数料

手数料が安いビットコイン

一般的に銀行間で送金を行うときには、手数料を支払わなければいけません。
そのため頻繁に送金を繰り返していると馬鹿にならず、1回の手数料は安くても負担は大きくなるでしょう。
また巨額の資金を移動したいときにも、手数料が高く無視できない金額にあるはずです。
そこで巨額の資金を送金をするときに、負担を抑える方法として注目されているのがビットコインです。
ビットコインは手数料が銀行間送金よりも安く抑えられるため、一旦資金をビットコインに替えてから送金を行う手法が行われています。
先日には1,000億円分のビットコインが送金され、不審な動きではと全世界から注目を集めました。
その後手数料を抑えるために使われたと判明し、新たな巨額資金の移動方法としてビットコインは注目を集めています。

フォルスクラブの支払いにも手数料はある

手数料というのはサービスを利用する以上必要ですが、利用者としては少しでも節約したいのが本音でしょう。
たとえば近頃話題のふるさと納税は手数料が10%もかかるとされ、真実を知ってしまうと少し損をした気分になるかもしれません。
ビットコインほど安いならふるさと納税をしても損をしたとは思わないでしょうが、10%も取られると翌年以降は利用を考えてしまうかもしれません。その10%が自治体に落ちるのならまだ納得できるというものですが、全く関係ない都市部の会社にお金が集まってしまうのです。
学習のために利用するフォルスクラブの料金も、支払いにクレジットカードを選ぶと手数料が発生しています。
あまり知られていない真実ですが、ビットコインのように手数料が発生しているのは知っておいて損はありません。

手数料はあっても利用者の負担はゼロなフォルスクラブ

フォルスクラブの料金を支払うときに手数料が発生するのは、クレジットカードを利用しているからです。
一般的にクレジットカードを使った際に利用者には負担がないので、タダで使えると思っている人も多いかもしれません。
しかしタダで使えると発行している信販会社は儲けがないので、実際には利用されたお店が負担しています。
フォルスクラブの場合も支払いを行っているのは、運営している会社です。
そのためフォルスクラブの会員は実質的にはタダとなり、ビットコインよりも安いと考えられるでしょう。
手数料が安くて便利とされるビットコインですが、もしかしたら最も最強なのは実質0円でフォルスクラブの支払いにも使えるクレジットカードかもしれません。

負担なしでクレジットカードを使えるのはフォルスクラブのおかげ

もしフォルスクラブが信販会社から求められた負担を放棄したら、利用者がどうなるのか考えてみましょう。
一般的に考えられるのは、フォルスクラブの支払いにクレジットカードを使えなくなるケースです。
こうなると会員は便利な支払い方法がフォルスクラブで使えなくなり、代わりにビットコインを束用とするかもしれません。
しかし日本ではまだ一般にまでビットコインは普及していないので、フォルスクラブの支払いはクレジットカードが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です