フォルスクラブを使った学習とシェアリングボーナス

【ベーシックインカムとシェアリングボーナス】

世界的な注目を集めているベーシックインカムは、フォルスクラブが大流行している日本でも導入を希望する人が増えているそうです。
実際にベーシックインカムの導入を進めている国や地域もありますが、導入には様々な問題点があります。


日本には社会保障制度があり、失業したり病気などで働けなくなったときは公的扶助を受けられます。
公的扶助は、失業や病気など何かあったときだけ受け取れます。
ベーシックインカムは、どのような状況でも誰もが平等に受取れる公的扶助制度です。
所得や年齢、性別を問わず全ての人に一定の現金が支給されます。
日本では最低所得保障とも呼ばれているベーシックインカムは、経済格差や貧困を背景に導入が検討されるようになります。
ベーシックインカムと同様に熱い視線が注がれているのが、ネットビジネスをはじめとする副業です。

【シェアリングボーナスがある副業】

副業には様々な種類がありますが、フルタイムの仕事を持っている人にとって参入しやすいのがネットビジネスです。
パソコンとインターネット環境があれば、誰でもすぐにネットビジネスを始められます。
日本ではネットワークビジネスも根強い人気があります。
最近は、若い世代でもネットワークビジネスの魅力的な報酬システムに興味を持つ人が増えています。
報酬システムは会社によって異なりますが、シェアリングボーナスは比較的新しい報酬システムです。
世界的に有名な大手企業の例を見てみると、シェアリングボーナスは現在の社会情勢とマッチした報酬システムになっています。
シェアリングボーナスはトップリーダーへの還元率を維持し、初期のビジネスメンバーや能力のあるビジネスメンバーへの還元も高めたボーナスプランです。
一般的なネットビジネスでもネットワークビジネスでも、SNSを利用した販売が好調です。
SNSを利用してユーザーを増やせば、より大きなシェアリングボーナスが期待できます。

【ベーシックインカムやシェアリングボーナスの問題点】

ベーシックインカムにもシェアリングボーナスにも問題点があります。
問題点は議論され、様々な改善策が提案されています。
ベーシックインカムの導入によって、労働意欲がなくなるという指摘もあります。リモートワークのようにサボるひとが続出する可能性が高いのです。
ベーシックインカムで基本的な生活が支えられるので、自分の好きな仕事で収入を得られるという意見も出ています。
時間に余裕ができれば、フォルスクラブのようなイーラーニングサービスを活用して勉強時間を増やせるという声もあります。

【フォルスクラブで勉強する人としない人】

パソコンやタブレットなどの情報端末とインターネット環境があれば、どこでもフォルスクラブのシステムを利用できます。
フォルスクラブは、日本にイーラーニングシステムが上陸した頃から始まった教育サービスのひとつです。
多くの会員を擁するフォルスクラブに入会すると、充実した学習コンテンツを格安料金で全て利用できます。
ベーシックインカムや副業で時間的な余裕ができても、フォルスクラブで能力を磨く人もいればフォルスクラブを利用しない人もいます。
フォルスクラブを活用して知識を得れば、その知識は一生涯を通じて自分の財産になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です