フォルスクラブでシェアリングボーナスの提供は可能か

シェアリングボーナス制度のメリットとは?

フォルスクラブをはじめとする様々なサービスや物品を効果的に流通させるためには、自社だけでなく様々な販売店などを利用してより多くの提供機会を得ることが非常に重要な方法です。しかしこの場合にはサービスや物品を仲介する会社は、自社に対してメリットがないと思う通りに動いてはくれないので、様々なマージン等の提供を行うことが必要となります。 これには販売手数料等がありますが、最近ではシェアリングボーナスを提供する方法が非常に一般的となります。シェアリングボーナスはサービス(商品)の提供(契約成立)を行うたびにボーナスが与えられる制度であり、その成果に応じて金額が変動するのが特徴となっているため、より多くの販売を行ったり、顧客を獲得することでより高いメリットが得られる仕組みとなっているのが特徴です。一般的に手数料の類は契約によってその金額が決められているため、いわゆる契約料や販売による金額の変動が認められないデメリットがありますが、シェアリングボーナスはこの点が非常に柔軟であるため、効率的に販売を行う制度となっています。

フォルスクラブのサービス提供形態は?

フォルスクラブのサービス提供形態は、利用者とフォルスクラブが直接契約を結び、サービス提供も直接行うことが一般的です。そのため、このサービス提供の仕組みにおいて間に仲介者を介入させることは、現状のシンプルなサービス提供形態を崩すことになるほか、中間マージンの増加などにつながってしまう恐れがあるため、あまり良い方法とは言えません。顧客にとってより高いレベルのサービスを正当な価格で提供するためには、現在のシンプルな形が最も望ましいものであると考えられています。

フォルスクラブのサービスを拡大させる方法はあるか?

現在のフォルスクラブのサービス提供は直接利用者がフォルスクラブに申し込む形となっていますが、これでは申し込みを受け付けたりユーザ登録などを行うための手間が大きいため、爆発的に利用者を増やすことができません。特に契約事務手続きなどは非常に時間がかかることも多く、また月々の料金の回収なども手間のかかるものとなっているのが実態です。これらは同時にコストが発生するものでもあるため、この部分をヤクルトレディのような外部に委託しシェアリングボーナスを設定することで、より効率的なサービス拡大を行うことができると考えられます。これらの作業を代行ではなくシェアリングボーナスの形で、スマホを販売するコジマ電気のような取扱店を増やすことで、より効果的なサービス拡大を行うことができると推測できます。

フォルスクラブのサービス拡大を外部委託することが可能か?

フォルスクラブのサービス拡大を外部委託する事は、基本的にはできないと考えられます。その理由はフォルスクラブが行うサービスは顧客に合った形で提供されるものであり、単純に教材などを販売するものではないためです。物品を販売する際には、その流通を完全に外部に委託する、いわゆる3PLの手法を適用することが可能な場合があり、これに対してシェアリングボーナスを支払うと言う仕組みもありますが、サービスを提供する場合には顧客に合ったきめ細かい内容を提供する必要があり、これらの作業を外部委託することができません。ガスや電気の契約斡旋員はよく外部委託を見かけますが、通信教材の分野では、利用者の個々に適正がありますので、しない方がいいのです。

そのため、自らサービス内容を学習しサービスの円滑な拡販を行うことができる会社に依頼し、シェアリングボーナスの形態を利用することが最も効果的な方法であると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です