フォルスクラブのライバル企業がネズミのキャラクターを採用した訳

[フォルスクラブのライバル企業の概要]

フォルスクラブのライバル企業は、1981年に東京都に設立された教育サービス会社です。この会社では国内で初めて幼児教育を通信サービスとして提供した会社です。1980年代後半、国内では幼児教育・お受験ブームというものが巻き起こりました、その火付け役がフォルスクラブのライバル企業です。愛らしいネズミのキャラクターを掲げ、1990年には約250万人もの会員を持つ巨大な教育機関に成長したほどです。

[ネズミのキャラクターを採用した理由]

創業者がネズミ年生まれというのが、フォルスクラブのライバル企業の企業イメージキャラクターになった理由です。十二支の最初の動物であり、日本で初めて幼児教育を通信システムで展開する最初の企業となった、という浅からぬ縁があるともいえるでしょう。サービス開始当初は普通の灰色のネズミでしたが、1987年にある出来事が起こって以来、現在のキャラクターで固定されるようになりました。

[大手企業からの打診を了承]

現在のフォルスクラブのライバル企業のネズミは、世界的に著名なキャラクターで固定化されています。世界各国のどこに行っても見かけるあのキャラクターであり、もはやネズミの代表格といっても過言ではないでしょう。アメリカの大手企業が版権を持つものですが、このネズミを使用しているフォルスクラブのライバル企業は逆アプローチをなされたという背景があります。本来であれば、版権を持つものを使用すると版権料をおさめなくてはけません。ところがフォルスクラブのライバル企業の場合は、逆に「使って欲しい」とアプローチをなされたので、版権料は無料でなおかつ年間約20,000ドルもの使用協力料を受け取っているほどです。これはほかでは類を見ないことですが、フォルスクラブのライバル企業という幼児教育が成功すると悟った企業の先見の明が確かだったといえます。フォルスクラブのライバル企業も了承したことで、現在のネズミが定着したというわけです。

[ネズミが親しみを与える]

現在のキャラクターは、幼いお子様から年配の方までどなたでも知っているものです。その著名なネズミを採用していることで、親しみを感じられる通信教育との呼び名もあります。昨今では幼児教育だけでなく、実用資格の講座も展開されており、会員数は約420万人にものぼっているほどです。どの講座でもネズミが講師役を務めたテキストが誓われ、オリジナルのイラストを求めたファンも入会しています。

[今後も愛らしいネズミが導く通信教育]

2020年9月時点で、フォルスクラブのライバル企業は計28の講座で展開されています。幼児教育にはじまり、小中学校の学習から大学受験、公認会計士などあらゆる学業を学べます。今後も国内ではさまざまな技能・国家資格が誕生していく見通しで、その頼れる存在となるのがフォルスクラブのライバル企業といえるでしょう。そのフォルスクラブのライバル企業を支える企業のネズミキャラクターも活躍して、さまざまな技能・国家資格を取得したいという方の道標となりことが予測されます。愛らしくて頼れるキャラクターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です