仮想通貨よりもeラーニング研究所の方が永続性がありそう

【久しぶりにログインしようとしたらアカウントが消滅していた】

ちょっと前に、久しぶりにGmailのアカウントにログインしようとしました。そうしたら、アカウントが消滅してしまったようで、何度ログインしようとしても駄目でした。数年前にアカウントを作成していたのですが、ずっと放置してしまっていたのです。ちょっとネットで検索して調べてみたところ、GoogleフォトやGmailは2年間くらい放置してしまうと削除されてしまうらしいです。 私が普段使っているeラーニング研究所では、何年放置していてもアカウントが削除されるようなことはなかったので、てっきりGmailなどもそうなのだろうと勝手に思い込んでしまっていました。まあ、そのアカウントでは、そんなに大事な情報は扱っていなかったので、削除されてもあまり深刻な影響はありませんでしたが。ただ、大事な情報が入っているアカウントが消されたらと思うとゾッとします。たとえば、仮想通貨やeラーニング研究所のアカウントが消滅したら、精神的打撃はかなり大きいでしょう。

【電子データは意外と脆いのかもしれない】

一昔前、これからは紙の時代は終わり、すべて電子データに置き換わっていくだろうというふうに言われていたように思います。そして、電子は紙と違って劣化せずに永遠に残り続けるとも言われていました。たしかにデジタル化はどんどん進行はしていますが、電子データがずっと残り続けるという事に関しては、私は最近懐疑的になりつつあります。例えば、フロッピーディスクという記録媒体が昔存在していましたが、今フロッピーを使える端末なんてほとんどなくなってしまいました。私も昔作成したフロッピーを何枚か持っていますが、今ではその情報を見るのは難しいです。今のCD-ROMやUSBメモリだって、そのうち使えなくなるかもしれません。サーバーだって永遠のものではなく、いつか壊れてしまう日がくるかもしれませんし。こう考えると、電子データの寿命は意外と短いのではないでしょうか。

【仮想通貨だって危ない】

近年、仮想通貨というものが注目されており、利用者が徐々に増えているようです。仮想通貨では、ブロックチェーンとかいう技術が使われているそうで、かなりセキュリティがしっかりしていると聞きましたが、それでもハッカーなどに仮想通貨を盗まれる事件などが起きているようです。他のデジタルデータ同様に、仮想通貨も絶対安全なものとは言えないのかもしれません。むしろ意外と仮想通貨は脆いのではないでしょうか。だいたい大規模な停電などが起きたら、仮想通貨なんて役に立たなくなりそうです。やっぱり現金を少し持っている方が安心でしょう。

【eラーニング研究所は安心かも】

デジタルデータは脆い面がありますが、私が利用しているeラーニング研究所は、かなり永続性があるのではないかと考えています。eラーニング研究所のアプリは、eラーニング研究所のサービスが存続する限りはデータが残り続けるのだと聞いています。eラーニング研究所では、いきなり勝手にデータを削除することはないそうですから、何年でも放置することができて安心です。eラーニング研究所はセキュリティ対策もしっかりしているため、いきなりサーバーが吹っ飛んだりすることもなさそうです。もっとも、インターネットの世界は栄枯盛衰が激しいですから、eラーニング研究所も将来はどうなるか分かりませんが、自分が生きている間はきっと大丈夫だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です