ネズミ講ではないフォルスクラブの魅力

●フォルスクラブはインターネットを駆使したコンテンツによる先駆的学習法を提供しています
フォルスクラブではeラーニング学習と言う、これから先の日本社会では不可欠の先進的な学習法を開発実践しています。どこに住んでいても、大都市の一流塾に通うのと同等の品質の高いコンテンツを利用できるので、高度な内容の学習法を家に居ながら実現することが出来るのです。従来の学習法のように地理的時間的制約から解放されたスタイルが高い人気の秘密です。


●フォルスクラブでは画像配信の強みを活かし手話口座も用意されています
フォルスクラブのeラーニング学習では豊富なコンテンツを備えていますが、そのバラエティの豊かさを物語るものとして、手話講座も選ぶことが出来る点を指摘することが出来ます。基本的に画像を見ながら聞き流すフォルスクラブの学習スタイルは手話の勉強に親和性が高い特徴を備えているといえます。
内容の充実ぶりには目を瞠るものがあり、練習からテストまでを含んでいます。手話の学習では実践的な学習法として、画像が左右斑点する相手手話モードの選択や、字幕のオンオフを選べる機能が実装されているなど、実践的に学習を進めることが出来ます。最終的には技能検定6級と7級にも対応しているほど、レベルの高い学習内容になっています。


●ネズミ講ではないか?との噂が一部で流れるのはなぜか?
ところでフォルスクラブは、ネット空間上でネズミ講ではないか?との噂が流れています。しかしご承知のように、どこに居ながらでも優れた学習コンテンツを、全ての世代に提供することで高評価を得ている事実を踏まえれば、ネズミ講との噂はまったく根拠を欠いていると言う結論になります。
インターネットに親和性の高さから急速な普及を見ている事実に、驚きのあまりにネズミ講の要素が存在するとの疑いを持つ人が、ネット上で発言しているものと推定されます。また家族単位で利用できる条件になっているので、会員はねずみ算式に増加した現象からネズミ講との誤解が生まれたとも考えられます。インターネット上では根拠もなくネズミ講との流言を見抱えてもつぶさに自分の目で見て判断すれば、確実にネズミ講とは一切無関係と言うことがご理解いただけます。


●ネズミ講とは無縁のフォルスクラブはこの先も飛躍を続けます
フォルスクラブでは一般会員とプレミアム会員があり、eラーニングによる学習コンテンツの提供にある点では共通しています。ただ大きな違いがあるとすれば、プレミアム会員になると新たな会員を勧誘する権利があり、加入者が増えるごとに報酬が支払われます。
しかし学習コンテンツ提供と言う事業の裏付けがあるので、ネズミ講ではありません。しかもプレミアム会員になるには、他のプレミアム会員の推薦が必要になっているので、メンバーは信頼関係でつながりを持ちあっているといえます。大都市圏以外の地方でも難関大学対策をとれるフォルスクラブの姿勢には高い評価があつまり、将来的にも更なる飛躍が期待されます。

フォルスクラブはネズミ講ではありません

【ネズミ講は違法行為ですがフォルクラブは合法的に活動しています】
ネズミ講は無限連鎖講とも呼ばれ、日本国内では無限連鎖講の防止に関する法律で禁止されています。階層状の組織を形成しますが、ごく一部の人々だけが得をする仕組みです。マルチビジネスはネズミ講と混同されることがあります。しかし両者は全く異なる特徴を持っています。ネズミ講は金品の受け渡しを目的とする組織ですが、マルチビジネスは商品の販売を目的とします。フォルスクラブはネズミ講ではありません。確かにマルチビジネスの手法を採用していますが、あくまで合法的に活動を行っています。


【マルチビジネスは合法的に販売経路を拡大する手法です】
マルチビジネスは会員が新規会員を勧誘し、さらに勧誘された人が別の人を連鎖的に勧誘することで階層組織を形成します。正式には連鎖販売取引と呼ばれています。マルチビジネスは金品の受け渡しのみを目的とするネズミ講と異なり、商品の販売を目的とした合法的な方法です。確かにネズミ講と同様に階層的な組織を形成しますが、あくまで商品の販売を目的としています。優れた商品やサービスを広めるために1つの手段であって、金品の受け取りを目的としたものではありません。またネズミ講のように一部の人だけが得をして、その他の多くの人々が損をする仕組みとは異なります。マルチビジネスの手法を有効に活用すれば、商品やサービスをより多くの人々へ効率的に提供することができます。フォルスクラブはマルチビジネスの手法を活用して会員数の増加を図っています。一方でプレミアムメンバーからの勧誘によらず、ホームページから直接スタンダードメンバーに登録するケースも多く見られます。


【フォルスクラブはネズミ講ではなく社会に貢献しています】
ネズミ講は特定の人々だけが得をして、その他の大勢の人々が損をする仕組みなため違法とされています。一方マルチビジネスは効率的に商品やサービスを提供する方法なので合法です。フォルスクラブは会員数を増やすためにマルチビジネスの手法を活用していますが、ネズミ講ではありません。合法的に優れた教育コンテンツの提供を行っています。フォルスクラブにとってマルチビジネスの手法は、販売経路を獲得するための方法の1つです。マルチビジネスだけで利益を得ているのではありません。優れた教育コンテンツを多くの人々に提供することで利益を得ると同時に社会にも貢献しています。


【フォルスクラブは革新的な教育コンテンツを提供しています】
フォルスクラブの提供するコンテンツは、教育環境の地域間格差を解消する革新的なものです。インターネットなど最新の情報技術を活用することで、日本中どこに居住していても優れた教育コンテンツを利用できます。時間や場所を問うことなく、自分のペースで学習を進めることができます。現在では多くの人々がフォルスクラブに入会して、それぞれが必要とするコンテンツで学習を行っています。子供からご年配の方まで、年齢を問わず学習を行うことできる点にフォルスクラブの魅力があります。

 

フォルスクラブとネズミ講とは全く違うモノです

フォルスクラブとネズミ講とは全く違う
フォルスクラブとネズミ講とを同じように考える人がいるのですが、全く違うというよりは、比較すること自体がフォルスクラブに失礼だという事が言えます。何しろネズミ講は違法な組織(もしくは商売方法)ですし、フォルスクラブは完全に合法でこれからフォルスクラブのようなビジネススタイルが主流になるのではないかという事も考えられるのです。それを混同するというのはどう考えてもフォルスクラブに対して失礼極まりないという事になるでしょう。

 

そもそもネズミ講とは何ぞや?
そもそもネズミ講というのは、ビジネスすらしていない非合法な組織という事になります。組織は新しい人を入会させることによって入会金を獲得するためだけに存在していて、下が勧誘して入会させたお金を上が吸い取るだけの組織がネズミ講というものになります。そのため、お金が動くのは下から上にだけで商品やサービスは何も出てこないというのがこの組織の特徴。ですから、そもそもビジネスすら存在しないのがこのネズミ講という事になるわけで、そのような組織とフォルスクラブのような最新のビジネスをしているところと比較することは意味がないという事が言えるはずです。

 

何故フォルスクラブがネズミ講と間違われるのか
フォルスクラブはネズミ講と間違われることが良くあるのですが、それは組織がピラミッド型になっているという事を見てそうなる事をイメージするのだと思われます。そして先入観として怪しいという事を書くが得ているので、組織がピラミッド型になっているという事を感じた瞬間にネズミ講と結び付けて後は何も聞く耳は持たないという事になるというわけです。何しろ最初から怪しいというように感じていて、そのイメージとつながる物が一つでもあれば良いわけですから、この組織というモノがすぐに結びついて、ネズミ講だという事になってしまうのでしょう。ですが、当然フォルスクラブはネズミ講ではありません。

 

フォルスクラブはマルチでもないのか?
フォルスクラブはマルチでもありません。例えマルチであったとしてもこれは違法ではないのですが、日本ではマルチという言葉が誤って使われていて、それがそのまま違法というように解釈されることが多くなっています。マルチは連鎖販売の事ですが、フォルスクラブは連鎖販売のような事はしていませんから、こうした事に該当することは無いわけです。ねずみ講にしてもマルチにしても、既にフォルスクラブの事を怪しい感じている人がピラミッド型の組織を見たり、会員制のシステムだという事を聞いた瞬間に自分が悪いと感じているマルチやネズミ講に結び付けているだけという事があると考えられます。会員制にしても今のネット上で何かの情報を獲得しようとすれば、まずはそこの会員となって情報を獲得するというのは当たり前のような事になっています。ですが、怪しいと思って聞くとそれは怪しいものとなってしまうという人の心理が此処にあります。