フォルスクラブが香港上場する可能性を探る

フォルスクラブの魅力とは?

フォルスクラブでは、同じ人間として生まれた中で教育を受けられる機会がある人とない人の格差を是正する目的で、オンラインによる通信講座を事業の柱としています。特に幼児向けの音感を養う講座や資格時代と言われている昨今の資格取得を応援する講座が人気です。
他にもフォルスクラブで力を入れているのは、国際化時代にあるため、語学学習となります。主に日本人にターゲットを絞った運営を行っていることもありますが、インターネットを活用した講座は近年は新しい学習の仕方としても注目されます。
その理由はいつでも学習できること、講座を録画すれば繰り返し学習を行えることの利点があります。他にも様々なジャンルの講座が豊富に展開するため、いつでも学習したいという欲求を満たすことが可能です。
もちろん日本国内でも発展していけば、そのノウハウを活用して世界展開を行う可能性もあり、その礎に香港上場も視野に入る可能性があります。

 

フォルスクラブが香港上場する上で必要なこととは?

フォルスクラブが香港上場をする上で、一番必要な事には現経営陣の上場に対する強い意志が必要です。もちろん豊富な収益力や企業価値である時価総額、また事業の将来性や継続性を要求されることは当たり前となります。
香港市場に限らず、世界的な市場に上場を果たす上では、上場のための条件を満たすことがポイントです。特に香港上場は香港の市場が世界の投資家でも注目されている市場になるため、上場を果たせば知名度も抜群となり、事業の拡大のチャンスを得ることができます。
また世界の金融が集中しているため、特区の影響から自由市場となるため、規制自体が緩やかであるメリットも存在します。つまり香港上場は他の金融市場と比較しても上場しやすい特徴があります。
フォルスクラブの場合、経営陣の強い意志と条件を満たすことで香港上場を果たすことは十分可能で、視野に入っているはずです。

 

近年の日本の企業の香港上場の現実

香港上場を検討している日本の企業も最近は多くなっています。その理由には市場に上場と聞くだけで、認められた資格を持ったプレイヤー的な存在になるからです。
上場と聞くと所定の手続きを行えば、簡単に行うことができるイメージが存在しますが、それは間違いです。まず所定の書類がしっかり揃っていることはもちろんのこと、条件を満たしていることが必要で、その上で市場関係者の厳しい審査を受け通過しないといけないからです。
審査の結果としては、今回は見合わせという事態も起きることもよくあります。現在は日本の企業が香港上場を果たした会社はたった5社のみとなります。将来的にはフォルスクラブもその仲間入りになる可能性は十分に存在します。

 

フォルスクラブでの香港上場できるかの可否

フォルスクラブが現時点では、香港上場をするのかについては解りません。ただeラーニングが教育分野でのグローバルスタンダードになりつつある昨今、当然、世界規模で普及を目指すなら国際金融の拠点の香港上場を視野に入れるはずです。
日本で培ったeラーニングサービスのノウハウを日本のみならず、世界を相手に具体的に普及させていこうとする動きはきっと起こるはずです。世界の方の評価は、そのサービスを展開する企業の理念や経営体質を深く探られることが多くなるでしょう。
その場合、香港上場をした事実は世界の方の評価にとっても追い風になることは間違いなく、経営陣の強い意志と事業内容や財務体質に問題なければ可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です