好調なフォルスクラブは株式上場可能なのか

 

●フォルスクラブは教育機会均等の為に、社会活動に積極的に取り組んでいる
フォルスクラブはインターネット環境が定着した現代社会に、先進的な家庭での教育方法を実践しています。時代に先駆けてフォルスクラブが導入しているイーラーニングは、情報技術の革新がこの先も予想されるなか、将来の主要な教育実践方としてさらに普及が進むものと考えられているのです。それは好調な業績にも繁栄されていて、公益奉仕活動の形で幅広く社会への還元活動にも取り組んでいます。フォルスクラブを運営するイーラーニング研究所では、タブレットの無償配布などの活動を2008年以降地道に継続している訳です。好業績や公益増進活動で社会的知名度もあがり、株式の上場の噂も途絶えることがありません。


●イーラーニング研究所は好調な業績を残しているが、将来の香港市場への上場はありえるのか
株式を上場すると言うのは、東証などの株式市場で売買の対象にされるということを意味します。しかしフォルスクラブを運営するイーラーニング研究所の株式上場の噂があるのは香港市場と言われています。それではあえて海外の香港で株式上場を検討しているのでしょうか。これはアジアの巨大市場を意識したものと考えられています。豊富な資金力を有する投資家が数多く集まる香港で株式を上場すれば、世界的知名度を獲得することが期待出来るのです。仮に中国などで足がかりを得ることが出来れば、株式が非常な高値をつける可能性を秘めています。


●それでは実際の上場の可能性はどれほどなのか。
株式が上場されると、通常は高値をつけることになります。それは各市場で扱うにふさわしい財務状況や商品開発力・期待できる経常利益などの基準をクリアして初めて上場が認められるので、投資家がこぞって購入しようと狙っているからです。ただし現時点では、具体的に香港市場に上場するとの動きが見られるわけではありません。もちろん上場の前に、フォルスクラブ関連の株式を入手できれば、将来の上場の時には数倍もの価格で売るチャンスに恵まれる可能性もあります。市場関係者も世の中の人々の注目を集める前に株式を入手できれば、爆上げの機会にめぐり合うことも出来るのです。そう考えるとまずはフォルスクラブに入会しておき、その活動の当事者の立場になることが必要です。勉強会やセミナーなどにも積極的に参画してみるのは有益でしょう。


●フォルスクラブの株主優待にはどのような内容が考えられるか
株式を保有していると株主優待を受けることが出来る起業が多いです。これは出来るだけ個人株主に保有してもらうことが企業経営上望ましいから。ところでフォルスクラブではタブレット端末を用いた教育方法です。この5万円相当のタブレットを自社製造しています。したがってフォルスクラブ関連の株式を保有していれば、優待としてこのタブレットが提供されることが考えられるのです。利回りの高さで考えれば、タブレット端末配布と言うのは魅力的と評価できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です