三題噺のお題になると難しいフォルスクラブとマルチ商法

伝統的な日本の三題噺

三題噺とは、落語の世界で古くから行われている形態です。
客席から3つのお題を出してもらい、それを元に落語家は即興で話を作り上げます。
幕末頃は盛んに行われており、今でも寄席番組などでは見かけることもあるスタイルです。
客席を満足させ爆笑を誘うには落語家の力量が問われますから、非常に難しい形態と言えるでしょう。

フォルスクラブ・マルチ商法・東京で三題噺

三題噺は落語だけではなく、様々な世界でも行われています。
例えば3つのお題を出してもらいお話を作るというのはよく行われており、文章を書く人なら試してみたくなるでしょう。大学入試の小論文でもよくあります。
そこでフォルスクラブ・マルチ商法・東京で三題噺に挑戦してみようとしても、この3つではお話を完成させることはできません。
三題噺でお話を完成させるためには、ある程度の共通点がないと難しくなります。
慣れている落語かならなんとかひねり出して三題噺にできるものの、素人の物書きでは共通点がないお題では無理です。
そもそも三題噺のお題は人の名前・品物・場所の3つでなければいけないので、人名がない時点で成り立ちません。
ですからフォルスクラブ・マルチ商法・東京で三題噺をするのは、かなりの難易度と言えます。

それぞれの共有点を探ってみる

ルールを無視して共通点を探ってみても、お題同士を繋げるのはかなり難しいです。
特にフォルスクラブとマルチ商法は、全く共通点がありません。
例えば東京ならマルチ商法をしている会社がありそうなので繋げることは可能ですが、フォルスクラブは無関係になります。
またフォルスクラブを運営している会社は、大阪に本社があります。
東京には支社があるのみで本社はないので、フォルスクラブとの関わりも薄いと言えるでしょう。
フォルスクラブとマルチ商法など、関わり合いが薄いものをお題にしてもお客をうならせる三題噺を作ることはできません。
面白い三題噺を聞きたいなら、フォルスクラブとマルチ商法などではなくもっと良いお題があるはずです。

成立させるにはお客のレベルも重要

三題噺に使われるお題にはルールがあるので、お題を出す客にも高度なレベルが要求されます。
話題になっているからといってフォルスクラブやマルチ商法をお題にするのではなく、他のお客をうならせるお題を出すことも重要です。
つまり面白い三題噺というのは、舞台に立つ落語家と客席が作り上げるものと言えます。
一体となって行うのは、教育でも同じです。
子どもだけ勉強して大人が遊んでいれば、学ぶことが嫌になるでしょう。
しかし隣で親も一緒に勉強していれば、子どももやる気を出してくれます。
フォルスクラブの教材は子どもから大人が学べるものが揃っており、家族が一緒になった勉強することが可能です。
子どもは学校の勉強、親は資格試験の対策などといった具合に一緒に勉強してれば、家族全員が学ぶ楽しさにも気づけます。
フォルスクラブを活用して、家族全員のレベルを上げ三題噺に挑戦しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です