上海証券取引所の上場とフォルスクラブ

【フォルスクラブは話題の学習サービス】

インターネットが登場したことで、人々の生活スタイルは大きく変化しています。
空いた時間に学習ができるようになり、教育現場も変わりつつあります。
日本は世界の中では教育環境が良い国のひとつですが、親の経済状況がダイレクトに子どもの教育に影響を与えるようになっています。
収入が多い家庭は子どもに十分な教育を与えることができますが、収入が少ないために高校の授業料を払えない家庭もあります。
教育格差を解消できるのがイーラーニングです。
インターネットのおかげで、誰もが必要な知識を入手しやすくなっています。
日本では子どもの頃から高い塾に通わせる家庭が増えていますが、インターネットを活用したイーラーニングなら格安の学習コンテンツを利用できます。

【豊富な学習コンテンツを誇るフォルスクラブ】

2002年に設立されたイーラーニングは、設立後すぐに幼児向けの教材がヒットして軌道に乗ります。
2007年3月に登場したのがオンライン型イーラーニングサービスのフォルスクラブです。
フォルスクラブは現在でもイーラーニング研究所のメイン事業として知られています。
2013年には体験型英語学習アプリが誕生して人気を集めます。
フォルスクラブでは高機能タブレットも販売しています。
タブレットは軽くて持ち運びに便利なので、外出先でも気軽に好きなことを学べます。
2015年には無料動画学習サービスのスクールTVの体験サイトが登場し、メディアでも話題になります。
スクールTVの本サイトがリリースされたのは2015年8月で、現在まで多くの学生が利用しています。

【上海証券取引所と上場企業】

日本には東京証券取引所や大阪証券取引所など複数の証券取引所が存在しますが、中国も証券取引所が複数存在します。
外国人投資家が取引できる市場として有名なのが香港証券取引所です。
香港証券取引所にはメインボートとGEMがあり、日本の大企業も上場しています。
1891年に設立された上海証券取引所は、1990年12月19日に営業をスタートします。
2014年11月17日に上海と香港証券取引所の相互接続が開始されたことで、現在では海外投資家が香港を経由して中国市場に上場する株式を取引できるようになっています。
フォルスクラブを運営するイーラーニング研究所が成長を続け、さらにグローバル化が進めば海外での上場も現実味を帯びてきます。

【上海証券取引所で上場】

会社を経営する場合、将来的には上場を視野に入れている人も多いです。
上場企業になると様々なメリットがあります。
特に日本は信頼性を重視する社会なので、上場企業になることで社会的な信頼性がアップします。
イーラーニング研究所のフォルスクラブは、優れた学習サービスを格安で提供します。
フォルスクラブに入会すると、子どもから大人まで楽しむことができる様々なサービスを受けられます。
1つの契約で5人まで使うことができるので、多くの人が上手に活用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です