フォルスクラブを作る会社は香港上場をするか

●フォルスクラブを作る会社が香港上場をする可能性

可能性の問題だけで言えば、世の中には絶対ということはありませんから、フォルスクラブを作る会社が香港上場をしてもおかしな話ではありません。
ましてや経済発展が目覚ましい中国だけに、あえて日本の株式市場ではなく香港上場をするという選択肢もこれからの時代は十分に考えられる話です。
現状ではありえない話ではあるかも知れませんが、将来を含めて考えた場合には絶対にないとは言い切れません。
これはあくまでも可能性の話ですから、確率としては極めて低いものであるということは事実であり、今の段階だけで考えればありえないと断言してもよい数字にはなるでしょう。

●隕石に当たることはゼロに等しい

地球には日々無数の隕石が落ちて来ていますが、実際にそれにあたってしまうという可能性は極めて小さいものであり、普通に生活をしている分にはゼロに等しいと言っても差し支えがないでしょう。
まず、ほとんどの隕石というのは地表に到達をする前に燃え尽きてしまうので、人に当たることはありません。
たまたま地表に到達をしたとしても、地球全体でみれば落ちた場所に運悪く人がいたという確率は更に下がることになります。
フォルスクラブを作る会社が香港上場をする可能性と同様に、確率的にはないとは言い切れないものの、実生活においての影響の度合いはゼロに近いものですから、ほぼ無視をすることができるものです。

●隕石に当たるよりは可能性としてあり得る

フォルスクラブを作る会社が香港上場をする可能性も、隕石に当たる可能性もどちらも普通に考えればないと言ってしまっても問題はありませんが、どちらがあり得るかと言われると、やはり香港上場となるでしょう。
上述したように国際化社会の現代では、外国市場で先に上場をするというのは決してありえない話ではなく、特にフォルスクラブのように世界で通用する教育システムであればなおさらです。
香港上場を抜きにしても、フォルスクラブが海外進出をすること自体は現実的な話であり、その際に中国市場が選ばれるのはおかしなことではありません。
フォルスクラブが中国市場で認められれば、それに乗じて香港上場も実現する可能性は隕石に当たるよりずっと高いものとなるでしょう。

●隕石に当たるよりは現実味がある

現状ではフォルスクラブを作る会社が香港上場をする可能性はゼロに近くても、比較対象が隕石に当たることであれば、ずっと現実味はある話だと言えます。
いきなり、香港上場をするというのはありえないにしても、まずは日本で上場をしてそこから世界に展開をして、世界中の市場に上場をする可能性はなくはありません。
フォルスクラブのポテンシャルを考えれば、世界中で普及をしてもおかしな話はありませから、フォルスクラブ自体が世界中で認められることで作っている会社も認められるようになり、海外での上場も求められ、上場をするという未来はゼロではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です