フォルスクラブと消費者センターの電話サポートを比較

電話対応の窓口はサポート体制の基本

フォルスクラブや結婚式場、高輪ゲートウェイ駅の券売機、ファミマのコーヒー抽出機など、ジャンルを問わずさまざまなサービスを利用する際に注目したいのが”サポート体制”です。 
現在、日本各地で提供されているサービスで粗悪なものは少なく、ほとんどは良い内容ばかりです。
評判さえきっちりと調べていれば、悪質なサービスを利用してしまう可能性は低いでしょう。
しかしサービス内容と比べると、サポート体制には各社ともにバラツキがあります。
現在はサポート体制が優れているサービスほど優良と考えられているので、フォルスクラブや消費者センターを利用するときも目を配らせておきましょう。

フォルスクラブと消費者センターのサポートを比較

フォルスクラブも消費者センターも、どちらも電話対応の窓口を設けています。
最近はネットで提供するサービスを中心に、電話でのサポート提供していない会社は増えました。
電話対応をするならコールセンターを設けて教育した人員を配置する必要があるため、メールやチャットなどネットのサポートを充実するサービスが増えています。
しかしメールやチャットといったサポートは、ネットに慣れていない人には高いハードルです。
またメールは電話に比べるとすぐに返事がもらえるとは限らないので、急いでいるときには不便です。
電話だと自分の言葉でトラブルの内容や疑問を説明できるので、使いやすいサポートといえるでしょう。
そんな使いやすい電話サポートを用意しているフォルスクラブと消費者センターは、どちらも優れた体制といえます。

フォルスクラブと消費者センターの受付時間を比較

フォルスクラブと消費者センターが電話での問い合わせを受け付けている時間は、それぞれ大きな違いがあります。
消費者センターは、平日なら午前10時から午後4時まで受付中です。
ですが正午から午後1時まではスタッフが休憩時間となるためか、電話での応対は受け付けていません。
終了時間も午後4時までと短いので、働いている人は平日に連絡を取りづらいといえるでしょう。
一方のフォルスクラブは、平日なら午前9時30分から午後5時30分まで電話サポートをしています。
お昼休みもなりませんから、働いている人は消費者センターよりフォルスクラブのサポートが優れていると感じるでしょう。

休日のフォルスクラブと消費者センターの受付時間を比較

平日では消費者センターよりフォルスクラブのサポートが上ですが、休日では逆になります。
フォルスクラブは休日には電話サポートをしておらず、連絡できるのは平日のみです。
しかし消費者センターでは休日も電話サポートを行っており、午前10時から午後4時まで受け付けています。
休日の受付時間を比較すると、評価は逆転しフォルスクラブより消費者センターが上といえるでしょう。
ですがフォルスクラブが休日に電話サポートをしていないのは、スタッフを休ませているからと考えられます。
休日に大切なサポートを閉めてでもスタッフを休ませているので、フォルスクラブを作る会社は優良企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です