イーラーニング研究所のイグモンをプレイしよう:ログイン7日目

ちまたで評判になっているイーラーニング研究所のイグモンをプレイしてみました。

ちょうどログイン7日目ですので、そのプレイレビューについてネズミ男がご紹介します。

なお、難易度については簡単にプレイしたいので、あえて「小学生」レベルを選択しました。

 

まず、イーラーニング研究所のイグモンのゲームシステムですが、左から4色のアルファベットが流れてきます。

それぞれ赤、緑、青、ピンクの4色です。

「ユリを英訳しろ」という問題が出ますので、その英単語を作れるようにアルファベットを作成します。

この場合は「 L 」「 I 」「 L 」「 Y 」です。

そしてLILYの順番通りにタップしないといけません。

先にIやYをタップしても弾かれてしまうのです。

そして4色ある意味ですが、それぞれのモンスターの色に対応しています。

初期パーティーでしたら、赤、緑、青の3体が最初から揃っている筈です。

それぞれ☆1ですが、初回特典としてイーラーニング研究所から☆3が追加で1体もらえます。

ネズミ男は緑にしました。

 

そして赤のアルファベットをタップすると、自分の赤のモンスターが攻撃します。

緑なら緑のモンスター、青なら青のモンスターが攻撃します。

ピンクは回復です。

ピンクをタップすると、味方パーティー全員のHPを数%回復させます。

また、何回かタップしていくと、各モンスターのスキルゲージみたいなのが溜まります。

☆1だとスキルを持っていないことが多いですが、☆3だと持っていることが多いです。

確か「ハイノーツ」という単体技だったかと思います。

 

イーラーニング研究所のイグモンですが、赤、緑、青の属性はポケモンと一緒です。

それぞれ炎、草、水タイプを意味し、相性もポケモンと同じになります。

分かりやすくて良いですね。

でも、水って火で熱したら蒸発する気がするのですが・・・。

火の消し方は水じゃなくて、空気を遮断する砂とかな気がするのですが・・・。

う~ん、このあたりは陰陽五行に従っているのかもしれませんね。

 

今回はこの辺で。

また来週も、イーラーニング研究所のイグモンのレビューを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です