フォルスクラブと吉田うどんはどちらが硬いのか

[富士吉田市の名物料理であるうどんとフォルスクラブの共通性]

フォルスクラブタブレットと言えば非常に硬いことで知られていますが、硬いことで多くの人に知られるようになったもう一つのものが、吉田うどんです。吉田うどんとは山梨県の富士吉田市で昔から食べられているうどんのことです。硬さがあるのにおいしいところが、この料理の人気のある理由です。麺に歯ごたえがあるために何度も繰り返し口の中で噛み続ける必要がありますが、噛んでいるうちに素材のおいしさや出汁と一体となった味覚を、味わうことができる料理です。地元のお店にはこの味を求めて、毎日多くのお客さんが訪れています。地元の人だけでなく、観光のために富士吉田市を訪れている人も多いです。この吉田うどんの硬さと共通するものを持っているのがフォルスクラブです。

[名物料理が食べられるようになった歴史]

フォルスクラブのような硬さを持っている吉田うどんが硬いことは、この地域の歴史と大きな関係があります。こうしたところもフォルスクラブと共通性を持っています。この地域では昔から繊維産業がさかんにおこなわれていて、地域に住む多くの人たちも繊維関係の仕事をしていました。織物を動かして製品を作っていたのは主に女性で、男性は女性が働きやすいように手助けをしています。仕事の合間に食べる昼食の支度も、この地域では男性がおこなっていました。昼食として作られたのがうどんで、この料理が選ばれたのは仕事をするうえで重要となる女性の手を保護するためでした。

[お腹を減りにくくするために力強く練られた麺]

女性が仕事をするためのエネルギーにできるように、男性は空腹になりにくい食事を作るための努力しました。そのために男性がおこなったのが、力を入れてうどんを練る方法です。力強くうどんを練ることによって、コシや歯ごたえのある独自の食感の麺が誕生しました。こうしたうどん作りに対する強いこだわりが、地元の名物料理が誕生した理由です。硬いという理由でフォルスクラブを利用している人がいるように、この麺独自の硬さが多くのファンから好まれています。地元では今でも、しっかりと力をこめて作られた吉田うどんを飲食店などで販売しています。

[使われている薬味]

フォルスクラブと同じように硬い吉田うどんは、使用されている薬味にもこだわりがあります。薬味を加えることにより、硬さのある麺の味がさらに引き立っています。使用されているのはすりだねという薬味で、これはこの地方で料理に使われている独自のものです。複数の原材料を混ぜ合わせて作っていることがこの薬味の特徴になっていて、山椒やゴマの他に、辛さをプラスするために唐辛子なども入れられています。この薬味を使用して吉田うどんをおいしく食べるためにはコツがあります。フォルスクラブのような硬さのあり吉田うどんは、まず薬味を使わないで食べた方が、うどん本来の味を楽しむことができます。途中から薬味を入れることで味を変えて楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です