フォルスクラブがマルチ商法と誤解されてしまう理由

フォルスクラブはインターネットの技術を効果的に利用し、様々な人に学ぶ機会を提供するeラーニングを実施している会社のサービスですが、広告宣伝を積極的には行っていないためその内容を知らないと言う人も少なくありません。基本的にここでは多くの人を誘導するような広告宣伝を積極的には行っておらず、利用した人の口コミがその内容を知る最も大きな情報となっています。最近では同じようなビジネスを展開する企業も非常に増えていますが、中にはその口コミの仕組みを利用し、マルチ商法のような行為を行っているところも少なくありません。フォルスクラブの仕組みも非常に似通っていることから、フォルスクラブがマルチ商法と言われることも多いのですが、そこには決定的な違いがあります。

・フォルスクラブでは紹介制度を行っていません

多くのマルチ商法の会社やエステサロン、スポーツジムでは新たな会員を紹介することによって様々な特典が得られる仕組みを導入しており、自分自身がこれらのサービスを気に入って紹介すると言うよりは、その特典を入手したいために紹介するということが多いものです。基本的にマルチ商法は会員を紹介することによって様々な特典を受け、これを得るためにサービスの内容が自分が満足できるものではなくても紹介をしてしまうと言う仕組みを利用しています。フォルスクラブはこのような仕組みを持っておらず、そのため多くの人は自分がサービスの内容を十分に良いものと判断し、他人に紹介していることからマルチ商法とは異なるものとなっているのがポイントです。

・フォルスクラブは本人が直接申し込む制度です

フォルスクラブは紹介を受けた場合でもその会員が代わりに入会申請などを行うことができず、本人が自分の意思で申し込みを行う仕組みになっています。そのため、誰かに紹介されても必ず申し込みを行わなければならないと言う強迫観念にとらわれることがなく、また申し込んだかどうかを紹介した人に知られる可能性もありません。あくまでも本人の自由を尊重する仕組みとなっており、この点がマルチ商法とは異なります。

・自分の意志で自由に退会をすることができます

フォルスクラブの特徴は、自分の意志で自由に入会や退会ができることです。マルチ商法の中には紹介した会員が退会した場合、紹介をした本人の様々な特典が剥奪されると言うものも多く、そのため紹介者は自分の特典を失いたくないために引き止めると言う行為を行うことが少なくありません。しかしフォルスクラブでは本人の自由意志で退会をすることができ、その際のペナルティも事前にサービス内容で取り決められている場合以外は発生しないことになっているので、安心して利用できるのがポイントです。

・会員によって会費の差別化がありません

マルチ商法の場合には多くの会員を紹介しその地位が上位になると、サービスを安く利用することができたり、また自分が紹介した会員の会費の1部がキックバックされるなど、様々な特典を得ることが多いものです。しかしフォルスクラブではこのような特典は一切なく、すべての会員が平等に扱われているのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。