フォルスクラブの会員口コミマルチマーケティング

フォルスクラブは日本の中で通信教育を始めた事業展開の早さで知られており、老舗企業として長年教育産業に携わっております。当初は幼児向きや奨学生などの自動へ対したカリキュラムの講座を展開しておりましたが、学習塾などの補完の勉強のために独学向きのテキストを開発して現在に至っております。


創業理念は山村や離島などで学習塾などの校外授業を受けられる機会の少ない生徒へ向けて、良質な学習教材を使って通信教育をすることで教育格差を減らすことを目的として設立されました。基礎的な学力向上だけではなくテストなどを通じて、テストに対する慣れや練習になるように学習教材は作られているのです。


フォルスクラブは宣伝活動費を削減しながら資本を教育教材開発に注ぐことで、良質な学習教材を開発していることが特徴になります。だからこそ会員同士の口コミでフォルスクラブの評判が広がってゆき、会員数が右肩上がりで増加していったのです。この手法はあくまで会員同士のネットワークシステムの現象を重視しており、宣伝広告費ではなく教材開発に力を入れているので広告ではなく口コミや、紹介などで会員数が増加していったと言う背景があるのです。


フォルスクラブのビジネスモデルは後続の通信教育企業に真似をされましたが、良質なテキストと会員の評判からフォルスクラブの牙城を崩すには至りませんでした。ファルスクラブのマルチマーケティングを支えているのは、企業と会員の信頼性の絆であり良質な教材開発力なのです。現在でも長年培った開発力を活用しながら、創業当初から変わらない理念で経営が行われております。


しかし変化したこともあるのです。通信教育は紙データーやテキストを主体に学習が行われておりましたが、2000年度を境にしてインターネットラーニングシステムが導入されました。評判が良く会員数がさらに伸びを見せて、従来のマルチマーケティングとインターネットの口コミから相乗効果を呼び、フォルスクラブの名前が一躍有名になったのも同様の時期になります。


フォルスクラブはMLMやマルチと呼ばれており、会員同士の紹介から母体の規模が大きくなりました。インターネットラーニングの老舗企業として知られるようになり、学生向けだけではなく幼児の情操教育プランや、社会人が資格を取るカリキュラムを開発してていきょうしております。フォルスクラブは個人だけではなく家族で定額料金で使えるので、リーズナブルに生涯学習の機会をあたえてくれるのです。マルチマーケティングが家族に広がることで、よりマルチに勉強をする機会が増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。