どうしてフォルスクラブはマルチ商法と言われるの?

■今の日本の教育の現状と問題点をご紹介します

日本とは世界一平和で、裕福な国であると長い間世界からそのようにみられていました。マルチ商法のトップ層くらい裕福でした。非常に裕福で国民全員にフォルスクラブを無料配布できるくらい金が有り余っていました。お金を燃やして靴を探すのはあまりに有名でしょう(実際にはやっていないのが有力説ですが)。 ただ、確かに高度成長期とバブル景気を経験し日本は本当に先進国のリーダー確定な存在になっていました。一般的なマンションであっても戸建て住宅であっても、今では考えられない値段がつきバブル景気は多くの人々にメリットと富をもたらしたのです。しかしながらバブルが崩壊すると、日本は不遇の時代を何十年も続けることになったんです。バブル崩壊以降、サラリーマンの年収は一向に上がってはいません。ずっと据え置き状態であり、それに相反して昨今異常な物価の高騰が見られるようになってます。ハイパーインフレになるのではないかという危機感の一方で、一考に給与所得が上がらないというデフレ景気からも脱却できず日本の経済は戦後最も最悪な状態を迎えていると言っても過言ではありません。そして株式投資やFX、暗号資産などで大儲けしている人がいる一方で、多くの人が年収400万円程度の安い給与で働き家計をやりくりしています。非常に国民の間でも貧富の差や格差が広がっているのは言うまでもありません。正にマルチ商法の被害者のようです。これに伴って子供たちの教育格差もどんどん広がりを見せてます。富裕層は子供に何千万ものお金を使うことができ、大学院進学や海外留学もさせることができグローバルな人間に育て上げることも出来ます。一方年収が低い層では、食費のねん出もままならず大学受験対策の塾や予備校すら通わせることができなくなっています。大学合格の暁には、どのようにして授業料をねん出するのか、どこかお金を貸してくれるところはないのかと頭を抱える状態なんです。完全にマルチ商法の被害者状態です。

.

■教育格差を解消するフォルスクラブに注目が集まっていることを紹介します

このような教育格差が非常に進む一方で、大変最近注目を集め話題になっている企業があります。それがフォルスクラブというサービスを作る企業なんです。フォルスクラブは非常に低料金でリーズナブルに、誰もが気軽に楽しく教育を受けられるように考えられた学習プログラムです。フォルスクラブには大学受験講座などもあり、月額わずか6600円で受講できます。特筆すべきはフォルスクラブの授業は非常にレベルが高いということなんです。なぜなら、有名予備校の講師を招き講座を開き、動画を配信しているからです。自宅にパソコン一台あればこうした授業をうけることができ、低所得者層でもクオリティの高い教育を受けられるように考えられているのです。

.

■フォルスクラブが間違った名前で言われてしまう理由を説明します

フィルスクラブは別途の書き込みやSNSで、フォルスクラブはホルスクラブやフォースクラブと呼ばれています。なぜそんな風に呼ばれているか、それは英語を全く読めない方がフォルスクラブをそう呼んでしまっているからです。ちなみにForce Clubと書きます。一応「力」を意味するフォースはあながち間違っていないのですが、古代エジプトの天空神と間違えるのはどうかと思います。フォルスクラブをマルチ商法と間違えるよりも致命的です。一応記載しておきますが、ホルスとマルチ商法は更に関係ありません。結局なんでフォルスクラブはマルチ商法と言われているのでしょうか? 謎です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。