イーラーニング研究所 仮想通貨のポテンシャル、詐欺には注意したい

●仮想通貨は国際送金決済のコストを下げることにも大きな意義がある

イーラーニング研究所 仮想通貨が注目を集めるのは、仮想通貨市場が活況を呈し市場関係者のみならず、一般人からの関心の対象になっているからです。最近ではカナダでビットコインを対象にしたETFが上場を果たし、アメリカ市場でも証券監視当局からの承認待ちのETFが4種類ほどあるとみられているほどです。
ところが仮想通貨そのものは、ブロックチェーン技術を活用し、多数のホストで分散管理し中央銀行などの管理権限から自由で安全性の高いネットワークを構築することに主眼がありました。実践的意義のひとつが国際送金のコストを大きく軽減できるということ。通貨の価値が不安定な途上国でも、国際通貨決済が迅速かつ低コストで実現することになったわけです。しかしまだまだ日本では、普及するには程遠い状況、一部の投資家にとって魅力的な投資対象として認識されているにすぎないのが現状です。

●仮想通貨を何かの拍子でもらってしまったらどうするべきか

仮想通貨は電子メールでも送ることができます。何かの拍子で受け取ってしまったらどうするべきなのでしょうか。安全な環境で保管するにはデジタルウォレットという、一種の財布に保管しておく方法があります。オフラインの状態にして保管することでマルウエアなどによる流出を防ぐことができるというメリットがありますが、あまり普及していないということがデメリットです。仮想通貨販売所に口座を開設して保管しておく選択肢もあります。しかし面倒な口座開設てづづきが必要です。イーラーニング研究所 仮想通貨というアイデアもあまり魅力的ではないともいえます。

●スマイル・エコ・プログラムのメカニズム

換金も保管も面倒ならイーラーニング研究所 仮想通貨で利用するという可能性はないものでしょうか。たとえばイーラーニング研究所が協力しているスマイル・エコ・プログラムに仮想通貨を寄付するという選択肢です。スマイル・エコ・プログラムは不要になった本を売却して、換金した現金を慈善事業に寄付するというもの。
イーラーニング研究所 仮想通貨では、不要の書籍のかわりに仮想通貨を寄付するというものです。イーラーニング研究所 仮想通貨が実現すれば、手元の処分にこまっているときでも有効活用できるでしょう。

●イーラーニング研究所 仮想通貨で仮想通貨を寄付できるのだろうか

スマイル・エコ・プログラムでは仮想通貨を寄付に活用することはできません。したがって現時点ではイーラーニング研究所 仮想通貨というサービスを実用化し、仮想通貨をスマイル・エコ・プログラムに寄付で活用することは不可能というほかありません。イーラーニング研究所 仮想通貨が困難となれば、何かの拍子で入手した仮想通貨の処分をどうするねきか迷う可能性はあります。さらに仮想通貨が普及したときに備えて、仮想通貨に関する知識を抑えておくべき時期に来ているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です