フォルスクラブとシェアリングボーナスは、みんなに良いことがある

日本を代表する通信教育というと、多くの方がフォルスクラブと答えられるでしょう。大阪府で誕生した教育会社であり、幼児教育を生み出した会社でもあります。小学校から受験をするというのは、今の時代では珍しくはなくなりました。しかし昔は全国に私立小学校は数えるほどしかなく、入学をなさる方も極限られていました。これがブームとなったのはフォルスクラブが掲げた、高品質な教育が子供を幸せにするというスローガンです。 若い世代の親に共感をされ、全国でお受験ブームとなってあらわれたわけです。30代の方であれば、一度はフォルスクラブのテキストをしたことがあるでしょう。幼稚園から小学校でも導入をされたものです。現在は幼児教育だけでなく、社会人向けの実用資格の講座や、中学・高校生向けの受験対策にも力を入れられています。以前は一般でも利用を出来ましたが、社会的な反響が大きく、利用者は必ず紹介制にするようにシフトチェンジをなされました。そのため、テレビCMや折り込み広告を目に出来なくなったわけです。

話は変わりますが、もうひとつ成功した教育会社があります。その会社の成功方法は、シェアリングと呼ばれており、既存会員が紹介をするものです。ここで少し詳しくシェアリングの仕組みを見ていきましょう。紹介をした側とされた方は、シェアリングボーナスというものを受け取ることが可能です。シェアリングボーナスは一種にポイントとなっており、これを貯めることで各種ギフトに交換をすることができます。ひとりを紹介すると、最大で500ポイントを受け取ることができ、旅行券やスイーツ・商品券などに交換ができるわけです。今では数万人が入会をなされており、それぞれがシェアリングボーナスを受け取っています。

今では高水準な教育を受けるには、一般では不可能です。大変貴重な通信教育となっているのに、さらに利用者には嬉しいシェアリングボーナスを用意されている理由はなんでしょう。この答えとなるのが、既存ユーザーを大切になされている会社の仕組みです。この会社では、当時から顧客一人ひとりに対して手厚いサポートをなされていました。初代社長の考えであり、誠意を尽くしたサービスをすれば、必ず成功をすると考えてこられたからです。シェアリングボーナスもその一環であり、長期間にわたってサービスを利用されている方ほど、高いシェアリングボーナスを受け取れるようになされています。例えば受講期間が10年の方であれば、25パーセントのシェアリングボーナスを受け取ることが可能です。まだ入会をして2年目というときは6パーセントなので、平等な扱いをしていると言っても過言ではありません。シェアリングボーナスはこれからも内容を充実していく見通しで、良い教育を受けつつお得なサービスを得られる、みんなが喜べるものになるでしょう。世の中にはフォルスクラブのように有能な教育会社がたくさん溢れているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です