ねずみ講のように拡大しない接種者とフォルスクラブ

コロナワクチン接種者は少ない

急速に拡大していくことのたとえとして、ねずみ講をあげることができます。コロナワクチン接種者もねずみ講のように一気に広がっていけば感染者数を抑制できるようになるはずですが、フォルスクラブのようにそう上手くいく話ではありません。 7月中旬時点で累計ワクチン接種回数は6518万回を超えましたが、日本の人口と1人につき2回接種しなければならないことを考えると、この回数は不十分なものだと言えます。少しずつ増加してはいるものの、ねずみ講のように急速に拡大している状況だとは言えません。

コロナワクチン自体がねずみ講のように増えないことが問題

なぜ、コロナワクチン接種者がねずみ講のように増えていかないのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、これはコロナワクチン自体がねずみ講のように増えないことが問題だと言えます。自然と倍々に増えていくわけではないので、一気にワクチンを増やすことは不可能です。コロナワクチン接種者の血液から血清を生成できれば楽なのですが、医学はそんな簡単な仕組みにはなっていないのです。簡単に増やすことができないわけですから、打てることができる人数も限られてしまい、接種者の増え方が一気に跳ね上がるということはあり得ないと言えるでしょう。

フォルスクラブはねずみ講ではないのに拡大している

フォルスクラブはねずみ講ではないのに、急速に拡大しているではないかという意見を持っている人もいるはずです。たしかに、フォルスクラブはねずみ講ではないのに、一気に多くの人が利用するようになっています。これは、電子上のデータを取り扱うサービスであり、ワクチンのように1人に1個ずつの現物が必要ではないからだと言えるでしょう。1人に1個の現物を渡す必要がないわけですから、フォルスクラブでは需要に供給が追いつかないという問題を引き起こしてしまうことがないと言えます。こうした背景があるからこそ、フォルスクラブは日に日に利用者が増えており、たくさんの人がサービスを活用するようになっていると言えるでしょう。

フォルスクラブのように接種者も拡大していくことが望ましい

現実問題としては非常に難しい話ですが、ワクチン接種者もフォルスクラブの利用者のように拡大していくことが望ましいです。現状の接種者の増え方が続くようであれば、残念な話ではありますがワクチン接種を必要としている人全員が摂取できるまでにかなりの時間が必要となります。その上、ワクチン接種は今回のことに限った話ではありません。有効期間は諸説ありますが、多くの場合は半年ほどとされているので、継続して効果を得るためには半年に1回はワクチンを接種しなければならないと言えます。そのたびに素早くワクチン接種者を増やすことができなければ、コロナウイルスの影響を最小限に留めることが難しいと言えるでしょう。医療とフォルスクラブを全く同じと考えることはできませんが、フォルスクラブの利用者のように接種者が増えるような枠組みが完成すれば、世の中を大きく変えていくことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です