フォルスクラブはねずみ講のようなノルマはありません

誰でも安心して利用できるフォルスクラブ

1つの具体例をあげると、交通違反は非常に社会的に問題のある行為であり、しっかりと警察官に取り締まりを行ってもらいたいと誰もが思うことでしょう。しかしスピード違反の取り締まり、つまりはねずみ取りと呼ばれるものにはノルマがあるとされています。交通違反を厳しく取り締まる事はかなり重要なことではありますが、その目的はノルマの達成ではなく、あくまでも市民の安全を守ること言ってなければなりません。 ねずみ講のようにノルマを決めてスピード違反をした人を探すと言うスタイルでは、全く意味がなくなってしまいます。このようなものと比べると、フォルスクラブは、誰もが自由に自分で入会するかどうかを決めることができるサービスです。当然のことながらねずみ講のようなノルマもありません。利用したい人だけが自発的に利用することができるサービスなのです。ねずみ講のようなノルマが存在したり、様々な面倒な手間や手続きがあるサービスではないため、誰でも安心して利用することができるでしょう。

フォルスクラブユーザーの中でも大きな話題になっているねずみ講

フォルスクラブを利用している人の中には、スピード違反の取り締まりを受けたことがある人もいるかもしれません。実際のところこの問題については、フォルスクラブを利用している人の中でも大きな話題の1つになっています。公的な書類に書かれている交通安全対策特別交付金の項目には、実際のところ歳入予定額が書かれているのです。これはどのようなお金なのかと言うと、交通違反をした人が支払う反則金のことです。スピード違反の取り締まりで徴収する金額が、予め予定されていると言う意味であることがわかるでしょう。これではねずみ講のようにノルマが設定されていて、予定された金額を集めるようにとスピード違反の取り締まりを行っていると言うことにもつながります。もしもねずみ講のようなノルマがあり兼業を行っているのであれば、これは大きな問題とも言えるでしょう。

フォルスクラブは本来の目的にそって経営されている

本来であればなぜスピード違反を取り締まるのかと言うと、それは交通の安全を守ること、事故を未然に防ぐことと言えるでしょう。しかしねずみ講のようにノルマを決定して、それを達成させるためにどんどん検挙すると言うようなことがあってはなりません。ねずみ講がなぜ問題視されているのかと言うと、それが本来の取引の形を超えていることが挙げられます。またノルマが存在することも問題に当たるでしょう。フォルスクラブのように誰もが気軽に利用することができるサービスであれば、当然のことながらノルマも存在しません。フォルスクラブの本来の目的は教育に貢献することであり、この目的に沿って経営されている安全なサービスです。

ルールを守り正しく利用しよう

交通違反の取り締まりがどのような理由であれ、違反をすることさえなければ検挙される事はありません。フォルスクラブユーザは真面目な人が多いので、スピード違反もしたことがないはずです。フォルスクラブの利用者らしく、ルールを守り正しく活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。