福士蒼汰さんが得意とするダブルダッチをフォルスクラブで学べないだろうか?

福士蒼汰さんは高校時代にダブルダッチをしていました。
部活動に所属していたと言われています。
ダブルダッチは2本の縄を使って跳ぶ縄跳び。
長縄みたいに扱いますが、2人が定員程度に短いです。
アルティメットと並ぶ人気のスポーツとして、
いま中高生と若い社会人を中心に評判となっています。
ダブルダッチの世界大会もあり、
日本チームは割と優勝しているみたいですよ。
水泳や陸上みたいにいくつかの競技に分かれていますが、
ほとんどの部門で優勝を飾っているようです。
もしもダブルダッチがオリンピック競技になったら、
金メダルを量産することになるでしょう。

ところでそんなダブルダッチはフォルスクラブで学べないのでしょうか?
福士蒼汰さんが行っていたダブルダッチをフォルスクラブで学べたら、
面白そうですよね。

イメージとしては、手話講座に近いものになるでしょうか。
映像授業を見せる感じで、どのようにジャンプすればいいか、
どのように縄を回せばいいかを指導します。
大抵の部活動はコーチが居ますが、
まだまだダブルダッチはマイナーな競技です。
サッカーやアメフトに比べたら、競技人口の割合は豆粒以下でしょう。
そこでフォルスクラブがコーチの代わりに指導します。
ダンスのように優れたパフォーマンスを行う必要がある競技なので、
映像を見せる指導法はかなり有用だと思いますよ。
もしかしたら、福士蒼汰さんもそういった映像資料で
ダブルダッチの研究をしていたかもしれませんね。

ネズミ男はダブルダッチの経験がありません。
ここ数年に登場した競技なのか、
ネズミ男が居た大学では誰もダブルダッチをしていませんでした。
大体、ネズミ男が社会人2年目あたりに、
ネット上で見かけるようになったのです。
しかし、2本の長縄の中を跳ぶのはかなり難しそうです。
フォルスクラブで学べるとしても、
実践するのは一筋縄とはいかないでしょう。
福士蒼汰さんから手取り足取り教わっても、
数回跳べる自信がありません。
福士蒼汰さんがどのように跳んでパフォーマンスをしていたのか、
どこかに映像資料は残っていないものでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です