フォルスクラブはマルチ商品を取扱っていない

●マルチ商品が人気

現在のファッションシーンでは、フォルスクラブのような汎用性に満ちたマルチ商品(マルチサイズの商品)が人気を集めています。従来はSMLだけで、実際に購入してみるとフィットしない、あるいはある程度のところで妥協せざるをえないのが現実でした。 これに対してマルチ商品は、サイズがより細分化されているので自分の身体や身長に合わせたサイズを選択することが可能です。

●マルチ商品はネットショッピングと相性がぴったり

マルチ商品が登場してきた背景には、ネットショッピングの普及を上げることが出来ます。フォルスクラブもインターネットの普及や高速通信の発展とともに成長を継続してきました。その意味ではフォルスクラブと同様に、時代の変遷にうまく乗る形で認知されるにいたったと評価することができたでしょう。ただしフォルスクラブと若干違うのは、ネットショッピングとの親和性が非常に高かったという事実です。ネットショッピングでは商品写真が、色々なアングルから撮影されたものが提供されており、自分の好みに応じてチョイスすることができます。広大な場所を確保して商品を陳列する必要がないので、規模の小さなECサイトでも幅広いニーズにこたえることができました。しかし一つ致命的な欠点を抱えていました。それは手にとって試着することは難しいということ、つまりあくまでバーチャルなフィット感を想像するほかないので、必ずしも最終的な顧客満足度の高さにつながっていなかったわけです。そのためECサイトのなかには返品に柔軟に対応する店舗が登場するなど、それぞれのショップで涙ぐましい努力が払われてきたわけです。
このような問題意識の中で登場したのが、マルチ商品です。マルチ商品では身長をより細かく段階分けにして、しかも体重という新たな視座でサイズを多彩にし、購入者のフィット感を大きく高めることに成功しました。当然最適化されたサイズのアイテムを揃えることで、返品リスクを小さくすることができるだけでなく顧客満足度も大きく向上することになりました。

●フォルスクラブはマルチ商品をあつかっているのか

フォルスクラブではマルチ商品を扱っているのでしょうか。多彩なアプリがパッケージで提供されているのがフォルスクラブの特徴です。網羅的に提供するというフォルスクラブのスタイルは、サイズを細分化するマルチ商品とは方向性が異なります。それではフォルスクラブのアプリ提供のありかたは、歴史の潮流にさからっているのでしょうか。この点については必ずしも、フォルスクラブの方向性が間違っているとは考えられません。そもそもファッションアイテムはそれぞれの個人の趣味趣向に左右されて、最適のアイテムを探りだす行動といえます。これに対してフォルスクラブはより汎用性が高く、実地の場面では具体的に機能する内容を提供しているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です